CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

TreeView for WinFormsで高機能なツリービューを実現

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/09/05 14:00

目次

TreeView for WinFormsを使ってみる

 それでは簡単なサンプルを作成してみましょう。

 Visual Studioを起動し上部メニューの「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」をクリックします。

プロジェクトの作成

プロジェクトの作成
プロジェクトの作成

 「新しいプロジェクト」ポップアップウィンドウの左ナビから「インストール済み」→「テンプレート」→「Visual C#」→「Windows クラシック デスクトップ」を選択し、中央の一覧から「Windows フォーム アプリケーション」テンプレートを選択します。

テンプレートの選択
テンプレートの選択

 名前の項目は任意ですが、本記では「TreeViewSample」という名前でプロジェクトを作成して進めます。

 ウィンドウの右下「OK」をクリックします。

コントロールの追加

 これまでTreeView for WinFormsを利用したことがない場合は、コントロールを追加します。

 上部メニューの「ツール」→「ツールボックスアイテムの選択」をクリックします。

「ツールボックスアイテムの選択」をクリック
「ツールボックスアイテムの選択」をクリック

 「ツールボックスアイテムの選択」ウィドンウの「.NET Frameworkコンポーネント」タブから、C1TreeViewにチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

 C1TreeView項目は2つ表示される場合もありますが、名前空間が「C1.Win.TreeView」のものを選択します。

C1TreeViewの追加
C1TreeViewの追加

コントロールの配置

 プロジェクトを作成すると、初期状態でForm1.csが中央のデザイナー画面に表示された状態で始まります。Form1.csが表示されていない場合は、Visual Studioの右ナビの「ソリューションエクスプローラー」ウィンドウの一覧から「Form1.cs」上で右クリック→「ビューデザイナー」をクリックします。

Form1.csが開かれたデザイナー画面
Form1.csが開かれたデザイナー画面

 左側のツールボックスから「C1TreeView」をドラッグしてデザイナー画面にドロップします。

ツールボックスからC1TreeViewをドラッグする
ツールボックスからC1TreeViewをドラッグする

エディタからノードを追加する

 C1TreeViewはエディタ画面からプログラムコード無しで、ツリービューの項目(ノード)を追加することができます。

 ノードを追加するにはデザイナー画面の配置されたC1TreeViewコントロール上で右クリック→「ノードの編集」をクリックします。

「ノードの編集」をクリック
「ノードの編集」をクリック

 「ノードの編集」をクリックすると「ツリーノードエディター」ウィンドウが表示されます。

 「ツリーノードエディター」ウィンドウの左下の「追加」ボタンをクリックするとノードが追加されます。

ノードを追加
ノードを追加

 ノードを選択し、ウィンドウ左下の「子の追加」ボタンをクリックすると、選択したノードの子ノードが追加されます。

子ノードを追加
子ノードを追加

 ウィンドウ右下の「OK」ボタンを押して編集を終了します。

プログラムからノードを追加する

 ノードの追加はプログラムコードから行うこともできます。

 デザイナー画面に追加したC1TreeViewは、デフォルトで「c1TreeView1」という値がNameプロパティに指定されています(複数配置した場合などは末尾の数字が異なります)。Windows Formsの標準のコントロール同様、プログラム側でNameプロパティの値を用いてコントロールにアクセスできます。

 まず、先にプログラムからノードを追加した結果を見ておきましょう。

 下の画像のように、ツリーノードエディターであらかじめ追加してあった「親ノード」というノードの他に「親ノード2」というノードと、その下に子ノードが追加されています。

プログラムからノードを追加した結果
プログラムからノードを追加した結果

 以下がツリービューにノードを追加するコードです。

 C1TreeViewに「親ノード2」という名前のノードを追加し、その子ノードとして「子ノード3」というノードを追加しています。

プログラムからノードを追加する
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // using句に「using C1.Win.TreeView;」を追加
    C1TreeNode node1 = new C1TreeNode();

    node1.SetValue("親ノード2");

    // ツリービューにノードを追加する
    c1TreeView1.Nodes.Add(node1);

    // 子ノードを追加する
    C1TreeNode node2 = new C1TreeNode();

    node2.SetValue("子ノード3");

    node1.Nodes.Add(node2);
}

 アプリケーションを実行すると、以下のようにノードが追加されていることを確認できます。

アプリケーションの実行結果
アプリケーションの実行結果

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5