Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

村田機械、音声認識用辞書生成プログラムをオープンソースに

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/02/26 14:01

村田機械は、音声認識ソフトウェアを作る際に必要な辞書データを生成するプログラムをオープンソースにすると発表した。

 村田機械は、音声認識ソフトを作る際に必要な辞書データを生成するプログラムをオープンソースにすると発表した。ライセンスはCPLで配布する。

 今回公開されるのは、高性能音声認識ソフトウェアとして定評のある「Julius」をベースとした音声認識の実用化に不可欠なプログラム。具体的には、単語辞書データを生成するためのプログラム「vocab2htkdic.rb」がオープンソースになる。なお、「Julius」に関してはすでにオープンソース化されている。

 「vocab2htkdic.rb」は、多言語データ対応を可能にし、最新のUNIX系OS環境でも使用できるプログラム。村田機械では、今回のオープンソース化により、さまざまな要望やバグ報告などの意見交換、活発な議論が生まれ、多くの研究者に利用されるプログラムになることを期待している。

村田機械:オープンソースソフトウエア「vocab2htkdic.rb」の公開について
vocab2htkdic.rb配布ページ
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5