Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

楽天、APIマーケットプレイス「Rakuten RapidAPI」を提供開始、8000以上のAPIが利用可能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/13 14:50

 楽天と、アメリカでAPIマーケットプレイス「RapidAPI」を提供している米R Softwareは、共同でAPIマーケットプレイス「Rakuten RapidAPI」を提供する独占的な戦略パートナー契約を締結したことを、7月11日に発表した。

 今回のパートナー契約によって、楽天とR Softwareは両社の強みを活かして、アジア地域に向けた新たなAPIマーケットプレイス「Rakuten RapidAPI」の提供を開始する。

 なお、「Rakuten RapidAPI」の提供において、楽天コミュニケーションズと協働し、楽天はこれまで培ってきたマーケットプレイス事業における知見・ノウハウの提供や技術サポート、楽天コミュニケーションズは事業運営やマーケティング活動の推進、R Softwareはシステム提供をおもに担う。

 「Rakuten RapidAPI」によって、8000以上のラインアップから、ニーズに合ったAPIをより迅速に簡単に購入できる。また、APIを提供するプロバイダーは、API販売スキームの効率的な確立が可能なので、販売に要する時間やコストを大幅に削減できるほか、自社のAPIを世界の開発者へ届けられる。

Rakuten RapidAPI
「Rakuten RapidAPI」のビジネスモデル

 APIの利用状況やマニュアルなどのドキュメント管理、請求までを一括で管理可能な管理ダッシュボードを用意しており、管理作業にかかる時間を大幅に削減できる。

 サービス開始時点での対応言語は日本語と英語で、今後もさまざまな国や地域でサービスを拡大していく。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5