Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アドバンスソフトウェア、Java対応の高速Excelファイル生成コンポーネント「ExcelCreator for Java (Ver1.1)」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/07 14:00

 アドバンスソフトウェアは、Java環境に対応した高速Excelファイル生成コンポーネント「ExcelCreator for Java」の、PDF、HTML出力機能を追加した最新版(Ver1.1)を、2月7日に発売した。

 「ExcelCreator for Java」は、Java EE、Java SE環境で作成したプログラム中から、Excelファイルを生成できるコンポーネント。

 Excelファイルの新規作成、既存のExcelファイルへの上書きや別ファイルへの保存に対応しており、目的のセルに対するデータの設定、セルの書式、計算式、画像、オートシェイプなどの設定、シートのコピー、行、列の挿入/削除などをシンプルなコードで実現できる。

 実行環境へのExcelのインストールは不要で、独自の技術でファイルを生成するため、100万セル(10000行×100列)にランダムな数値データを書き込むのにかかる時間は4秒程度と、非常に高速な処理速度を実現している。

 今回発売したVer1.1では、「Excel 2019」に対応するとともに、PDFファイルやHTMLファイルへの出力が可能になった。

 対応OSは、Windows 10/8.1/8/7(SP1以降)、Windows Server 2019/2016/2012 R2/2012/2008 R2(SP1以降)/2008(SP2以降)、Red Hat Enterprise Linux 7.x/6.x、CentOS、Ubuntu。対応Java環境は、32ビットVM、64ビットVMともにJDK 9.0/8.0/7.0。対応Excelバージョンは、Excel 2019/2016/2013/2010/2007。

 開発ライセンスは1クライアントあたり税込43200円。「ExcelCreator for Java」を組み込んで開発したアプリケーションをサーバに配置して使用する場合に必要なサーバライセンスは1サーバあたり税込129600円。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5