Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Ginco、日本マイクロソフトと提携しブロックチェーンサービス立ち上げを支援する「Ginco Nodes」の提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/20 17:10

 Gincoは、日本マイクロソフトと提携して、ブロックチェーンサービス開発時に必須なノードのホスティングとAPI提供を行う「Ginco Nodes」の試用キャンペーンを、2月19日に開始した。なお、「Ginco Nodes」β版は現在開発中で、3月初旬のローンチ予定となっている。

 「Ginco Nodes」は、日本初のブロックチェーン・フルマネージドなノードホスティングサービスで、サービスのインフラにかけるコストの変動費への変換を可能にし、柔軟かつスピーディな開発を実現する。

 構築や維持・運用が面倒なブロックチェーンノード、トランザクション監視APIに「Ginco Nodes」を利用することで、ブロックチェーンサービス開発時の難所とされているポイントでも詰まることなく、ただちにサービスを立ち上げられる。

従来のブロックチェーン開発と「Ginco Nodes」を用いた開発の比較
従来のブロックチェーン開発と「Ginco Nodes」を用いた開発の比較

 1年以上にわたる「Ginco」アプリ提供で培ってきたノウハウを駆使することによって、高い水準でのインフラ冗長性を実現しており、可用性は99.99%超となっている。また、日本リージョンから提供するため、レイテンシ(遅延)を感じさせないインフラを提供する。

 「Ginco Nodes」を導入することによって、ブロックチェーンサービスの開発者は、システムの開発コストや維持コストを大幅に抑えつつ、Bitcoin・Ethereum・XRPといった複数のブロックチェーンの機能をフル活用できるようになる。

「Ginco Nodes」のメリット
「Ginco Nodes」のメリット

 2月19日時点では、CryptoGames、double jump.tokyo、Etheremon、catabira、スマートアプリといった企業が、「Ginco Nodes」の導入を予定している。

 なお、現在提供中の試用キャンペーンでは、2月28日までにフォームから問い合わせを行った事業者を対象に、「Ginco Nodes」を1か月間無料提供する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5