Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「OpenStack Days Tokyo 2019」「CloudNative Days Tokyo 2019」が7月22日・23日に開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/29 19:10

 OpenStack Days Tokyo 2019実行委員会およびCloudNative Days Tokyo 2019実行委員会は、ITインフラ潮流の鍵を握るクラウドテクノロジーに関する国内最大級のイベント「OpenStack Days Tokyo 2019」と「CloudNative Days Tokyo 2019」を、7月22日・23日に虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区)で開催する。

 「OpenStack Days Tokyo」は、国内唯一のOpenStack Foundation(OSF)公認カンファレンスとして2013年から開催されている。「CloudNative Days」は、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の支援を受け、コンテナ技術を中心として2018年から開発者に支持されてきたイベント「JapanContainerDays」が名称を変更したもの。

 「OpenStack Days Tokyo 2019」「CloudNative Days Tokyo 2019」は、共通コンセプトとして「+Native ~クラウドからクラウドネイティブへ~」を掲げ、クラウドネイティブを指向する“クラウドネイティブジャーニー”を支援すべく、あらゆる業界におけるビジネスユーザーから開発者まで、幅広い来場者のニーズに応えるプログラムが用意されている。

 初日(7月22日)の基調講演には、OpenStack FoundationのCOOであるMark Collier氏が登壇し、「Collaboration Without Boundaries(境界のないコラボレーション)」と題して、エッジコンピューティング、コンテナ基盤、AI&機械学習などで求められるOpen Infrastructureの役割を、OpenStackの最新動向とあわせて紹介する。

 また、海外の大手クラウドネイティブユーザーとして、Airbnbが、数多くのレガシーサービスを厳しいレイテンシや稼働時間の要求の中で、Kubernetesへ移行した事例の紹介を行う。

 2日目(7月23日)の基調講演では、楽天モバイルが10月に開始予定の携帯電話サービスのインフラ構築にOpenStackを採用した背景や、今後の戦略を語る。さらに、SBペイメントサービスが決済システムをクラウドネイティブに内製開発した事例を紹介する。

 参加にあたっては事前登録が必要で、税込の両イベント共通チケット価格は、6月21日までの早期割引が6480円(初日パーティー込み。イベントのみの参加は4320円)、通常価格は12960円(初日パーティー込み。イベントのみの参加は10800円)。

 定員は両イベント合わせて1200名~1500名。参加申し込みの締め切りは7月22日8時で、定員に達し次第、申し込み受け付けを締め切る。

 さらに、チケット購入の際にプロモーションコード「codezine20」を入力すれば、購入時期に関わらず読者限定特別割引価格として、さらに20%オフで購入できる。税込の読者限定特別割引価格は、早期割引なら5184円(イベントのみなら3456円)、通常価格なら10368円(イベントのみなら8640円)。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5