CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

C#でラズパイのGPIOを操作しよう~LEDを点灯させる

C#ではじめるラズパイIoTプログラミング 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/25 11:00

目次

Raspberry Piの準備

 いよいよ、Raspberry Piの準備です。なお、GPIOの仮想ファイルをアクセスするには、root権限が必要です。rootユーザーでdotnetコマンドが使えるように、visudoコマンドを使ってsudo権限でのパスを変更しておきましょう。

$ sudo visudo

 /etc/sudoersファイルが編集状態になるので、Defaultsのパス設定のところを以下のように変更します。これで、sudo時に実行ユーザーのパスがひきつがれます。

#Defaults       secure_path="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin"
Defaults        env_keep +="PATH"

回路

 それでは、LED、タクトスイッチ、抵抗を使って、ブレッドボード上で回路を作っていきましょう。

接続図
接続図

 GPIO4番ピンにLED、15番ピンにタクトスイッチを接続します。15番ピンは、スイッチONで直接GNDに接続するようにしてもいいのですが、間違ってout設定として、GNDに直結してショートしないように、スイッチとGNDの間に適当な抵抗を接続しておきます。

実行

 Windows上でビルドしたファイルがそのままRaspberry Piで実行できます。PCのローカルフォルダに作成した場合は、ビルド後にプロジェクトフォルダをRaspberry Piにコピーします。

 以下のように、dotnetコマンドに、dllフィル(VirtualFile.dllが今回作成したアプリケーションのファイル)を指定すると、実行できます。

$ sudo dotnet ./source/repos/PieCore/VirtualFile/bin/Debug/netcoreapp3.0/VirtualFile.dll

最後に

 今回は、仮想ファイルシステムでのGPIO制御を解説しました。次回は、WiringPiを使って、OLEDディスプレイ・モジュールを制御するアプリケーションを作成することにします。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:C#ではじめるラズパイIoTプログラミング

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5