Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

クラウドネイティブ時代の技術が学べる「OCHaCafe」とは?~注目の多言語対応ランタイムGraalVMの勉強会に潜入

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/14 12:00

 日本オラクルでは日本国内の開発者を対象に、トレンドに関するノウハウや技術情報を提供するミートアップイベント「Oracle Code Tokyo」を展開している。「Oracle Database」や「MySQL」などのデータベースをテーマにしたコミュニティをはじめ、様々なテーマのコミュニティが立ち上がり、それぞれ目的を持った活動を展開している。その中でも技術好きなエンジニアたちの人気を集めているのが、「Oracle Cloud Hangout Cafe(通称、OCHaCafe:おちゃかふぇ)」だ。どんなイベントなのか、紹介しよう。

目次

日本オラクルが開催する勉強会「OCHaCafe」とは

 「OCHaCafe」は、クラウドネイティブ時代の開発者を対象に、世間で話題のオープン・スタンダードなテクノロジーをテーマに取り上げ、 短時間でガッツリ学べるテクニカルな勉強会シリーズである。昨年12月からSeason 1が始まり、1か月に1回の割合で6回開催。今年の7月からSeason 2が始まった。Season 2も6回の開催が予定されている。

 なぜ、「OCHaCafe」を立ち上げたのか。OCHaCafeの発起人であるクラウド事業戦略統括 クラウドソリューション事業本部長 理事の古手川忠久氏は次のように語る。

 「当社はエンタープライズのお客さまを中心としたパートナービジネスを展開しているため、デベロッパーとの距離を感じていました。ですが、企業情報システムのクラウドネイティブ化を進めていくの

はデベロッパーの方たちです。そんな彼らの生の声を聞いて、反応を身近に感じたいと思ったのです」(古手川氏)

日本オラクル 理事 クラウド事業戦略統括 クラウドソリューション事業本部長 古手川忠久氏
日本オラクル 理事 クラウド事業戦略統括 クラウドソリューション事業本部長 古手川忠久氏

 これまであまり触れ合う機会のなかったデベロッパーに参加してもらい、リピーターになってもらえるよう、「多少、ハードルは高いかもしれませんが、来て良かったと思える内容にしています」と古手川氏は語る。

 テーマ選びにも時間をかけているという。「OCHaCafeの運営は私の部署のメンバーが中心になっているのですが、運営メンバーとディスカッションしながら、できるだけタイムリーな企画を考えています。コンテンツの内容にもこだわっています。なぜなら、この勉強会に参加するのは技術に飢えていたり、最新技術にアンテナが立っていたりする人たちだからです」(古手川氏)

 その言葉を裏付けるよう、Season 1では、コンテナやマイクロサービス、Hyperledger Fabric、認証・認可などがテーマとして取り上げられた。Season 2の第1回のテーマはKubernetes。そして9月19日に開催された「OCHaCafe2 #2」では「GraalVM」がテーマだ。実はSeason 2ではGraalVMのような最新技術だけではなく、「今更聞けない感があるというテーマも取り上げるようにしている」と古手川氏。例えばデータサイエンスのエンジニアが、機械学習のプラットフォームにKubernetesが使われており、それについて学びたいと思っても、なかなかそんな機会は得られない。Season 2ではこれまでの濃いOCHaCafeに入門向けの内容を取り入れ、より幅広いデベロッパーの学びたい意欲を満足させる場を目指しているのだ。

OCHaCafe2の前半は入門編

 では実際にどんな雰囲気の勉強会なのか。「OCHaCafe2 #2 一体何モノなの?GraalVM入門編」の様子をダイジェストで紹介する。

 簡単なオープニングの後、19時5分からセッションが始まった。セッション前半のGraalVM基礎編を担当するのは、古手川氏が率いる部署のソリューション・エンジニア、茂 こと氏。まずは「GraalVMとは何か」からセッションはスタートした。

日本オラクル クラウド事業戦略統括 クラウドソリューション推進本部 ソリューション・エンジニア 茂 こと氏
日本オラクル クラウド事業戦略統括 クラウドソリューション推進本部 ソリューション・エンジニア 茂 こと氏

 「GraalVMはプログラミング言語のラインタイムの一つで、Oracle主導で開発されているOSS。Graal(JITコンパイラ)やTruffleを持つ、多言語に対応したJVMです」と茂氏。OCHaCafeでGraalVMを取り上げた背景には、GraalVMにはマイクロサービスやサーバーレスと相性よくJavaを実行する機能を提供することがある。

GraalVMとは
GraalVMとは

 引き続き、茂氏はGraalVMでできること、GraalVMの3つの利用形態(プログラミング言語ランタイム、シングルバイナリ生成装置、組み込みランタイム)、2つのエディションの違いなどについて丁寧な解説を行った。

 「GraalVMはCommunity Edition(CE)とEnterprise Edition(EE)の2種を用意しています。通常、GraalVM EEをオンプレミスで使いたい人は、年間のサブスクリプション契約が必要ですが、Oracle Cloudであれば、無償で利用可能です」(茂氏)

 GraalVMのメジャーバージョンアップは3か月ごとに行われ、11月には新バージョンのリリースが予定されており、JDK 11に対応予定だという。

 その後、GraalVMをもっと深く知るための技術解説へと移る。GraalVMの3つの利用形態のうち、プログラミング言語ランタイムとしての側面を茂氏が担当した。茂氏は、JVMのおさらいからGraalVMの構造、多言語対応のための仕組み、各言語のオリジナルランタイムとのパフォーマンス比較などを紹介した。

GraalVMの構造
GraalVMの構造

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

     大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。...

バックナンバー

連載:Oracle Code Tokyo レポート
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5