CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

NTT-AT、RPAツール「WinActor」の最新版Ver.7.0を1月30日に販売開始、UI/UXの改善や処理速度の高速化も

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/29 11:50

 NTTアドバンステクノロジ(以下、NTT-AT)は、RPAツール「WinActor」の最新版Ver.7.0を、1月30日に販売を開始する。

 「WinActor」は、NTTアクセスサービスシステム研究所で研究開発された技術をベースに、NTT-ATが商品化したRPA。既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた複雑な操作や、複数システムにまたがるデータの投入を自動化できる。

 Ver.7.0では、ソフトウェアアーキテクチャをゼロから見直し、フルリメイクしたことで、処理速度の高速化に加え、UIの刷新とUXの改善が行われた。

 シナリオ編集画面モードでは、洗練さを追求した「メインモード」、従来版を踏襲した「クラッシックモード」、長時間操作でも目に優しい「ダークモード」の3種類から選択できる。そのほか、従来は1つのシナリオしか表示・編集ができなかったが、複数シナリオを同時に編集できるようになった。これにより、シナリオ間のコピー&ペーストや、複数のシナリオを参照・比較しながらのシナリオ作成が可能となり、作成時やメンテナンス時の生産性が向上された。また、デバック関連ボタンの追加や、エラー時のエラー発生箇所の表示方法が改善された。

「WinActor」シナリオ編集画面(メインモード)
「WinActor」シナリオ編集画面(メインモード)

 2020年度第1四半期にリリース予定のVer.7.1では、「繰り返し」や「分岐」といったプログラミング要素をマウス操作と視覚的な表現で指定でき、変数を使わずシナリオを記述可能な初心者向けエディタが追加される。また上級プログラマー向けに、一般のテキストエディタを使ってシナリオを開発できる機能が追加されるため、シナリオ間の差分比較や、 検索&一括置換などが容易となる。さらに多言語対応や、画面をより正確に認識するスクリーンOCR、RPAが「いつ」「何をしたか」の事後検証を可能とする監査ログ出力の提供が予定されている。

 年間ライセンス料(メーカー希望小売価格)は、「WinActor Ver.7.0」(ノードロックライセンス版:従来品)のフル機能版が90万8000円(税別)、実行版は24万8000円(税別)で、「WinActor Ver.7.0」(フローティングライセンス版+ライセンス管理ソフトウェア)はオープン価格となる。なお、ライセンス管理ソフトウェアの利用にあたっては、別途サーバー構築などが必要。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5