Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

XMLDBとJavaAPI、JAXB2.0を活用したWebアプリケーション開発(設計編)

Cyber Luxeonで学ぶXMLDB入門 第4回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cyber LuxeonとJavaアプリケーションが連携する方法について、簡単なWebアプリケーションのサンプルを用いて説明します。サンプルアプリケーションは、Cyber Luxeon上の基本的なデータ操作(CRUD:新規作成・読み取り・更新・削除)について理解をすることを目的としています。

目次

はじめに

 前回までに、XMLDBの概論、Cyber Luxeonの基本アーキテクチャ、Cyber Luxeonの管理ツール「DXE Manager」の基本的な操作方法、XPath、XQuery、Xmlupdategram(XUG:Cyber LuxeonのXML更新言語、以下XUG)などについて説明を進めてきました。

 今回からはいよいよ、簡単なWebアプリケーションを題材として、Cyber LuxeonとJavaアプリケーションが連携する方法について説明していきます。本稿で紹介するサンプルアプリケーションは、Cyber Luxeon上のXMLドキュメントの基本的な操作(新規作成・読み取り・更新・削除)について理解することを主な目的としています。

 「XMLDBアプリケーションの開発」の前編となる本稿では、サンプルアプリケーションの仕様、アプリケーション全体の設計方針について主に説明します。またそれに加えて、Cyber Luxeonを使用したアプリケーションの開発時に把握しておくべき事項である、DBへの接続形態(セッション)の種類と特徴、DBトランザクション、バインダドキュメントについて説明していきます。後編では前編の説明を踏まえ、具体的なクラス設計、そしてそれぞれのソースコードについて説明します。

 またサンプルアプリケーションでは、Java SE 6から標準APIとなったJAXB(Java Architecture for XML Binding)も使用しています。本サンプルで、Cyber Luxeonで用意している接続用のJava APIとJAXBを連携させる方法についても説明します。

対象読者

 XMLに触れたことがある方、RDBなどのデータベースを操作したことがある方、Javaでプログラミングをしたことがある方を対象とします。

必要な環境

サンプルアプリケーションの仕様

概要

 サンプルアプリケーションは、あるECサイトの商品データを管理するためのアプリケーションで、商品データの新規登録・検索・更新・削除処理を行います。1つの商品は1つのitem要素としてXMLに格納されます。商品データを格納したXMLの例を以下に示します。

サンプルのXML
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<item item_code="CEN0001">
    <item_name>次世代型扇風機ハリケーン</item_name>
    <price>5000</price>
    <description>
        <caption>夏をより快適に、健康に過ごすために、開発された次世代型扇風機です。人類の健康を害してきたエアコンの時代は終焉を迎えます。</caption>
        <header>夏には大ブレーク必至。品切れ必至!!</header>
        <footer>今年の大ヒット商品として年末にはクローズアップされます
        </footer>
    </description>
    <option_name>サイズ</option_name>
    <options>
        <option>特大</option>
        <option></option>
        <option></option>
    </options>
    <reg_date>2007-04-01T22:51:43.625+09:00</reg_date>
</item>

画面遷移

 サンプルのアプリケーションの画面遷移を下図に示します。商品の検索機能、新規登録画面、更新画面、削除機能が用意されています。

画面遷移
画面遷移

各機能

  • 商品検索機能
  • 商品を商品名で検索します。商品名の部分一致で検索できる検索機能を提供します。
  • 商品データ新規登録
  • 商品データを新規に登録します。
  • 商品データ更新
  • 商品データを更新します。商品コードは変更できません。
  • 商品削除
  • 商品一覧上で選択した商品を削除します。

パーティション、XMLStore、ディレクトリの作成

 サンプルアプリケーションの仕様について説明したところで、環境の準備としてDXE ManagerでCyber Luxeon上に、XMLを格納する場所(パーティション、XMLStore、ディレクトリ)を作成します。作成方法は『第1回 XMLDBとCyber Luxeonの基本』の「パーティション、XMLStore、ディレクトリの作成」を参照してください。作成物とそれぞれの名前を以下の表に示します。

作成物 名前
パーティション ec_item
XMLStore ec_item_xmlstore
ディレクトリ items

 パーティション、XMLStore、ディレクトリをDXE Managerで作成した画面を以下の図に示します。itemsディレクトリ内に商品データを格納したXMLドキュメントを保存します。

サンプルアプリケーションのDB上のXML格納場所
サンプルアプリケーションのDB上のXML格納場所

開発に必要なJARファイル

 Javaから、Cyber Luxeonに接続するには、Cyber Luxeonが用意しているJava APIを使用します。このAPIはRDBでいうJDBC APIと考えて良いでしょう。クラスファイルを格納したJARファイルは、Cyber Luxeonをインストールしたフォルダの直下にある「classes」フォルダに格納されています(デフォルトでは、「C:\Program Files\CyberTech\Luxeon\classes」)。このディレクトリ内に格納されているJARファイルは次のとおりです。開発をする際には、EclipseなどのIDEで、これらのJARファイルへの参照を設定してください。

  • dxebind.jar
  • dxeclient.jar
  • dxeconnector.jar
  • dxeserver.jar

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2007/05/21 04:19 XMLのサンプルを修正。item_codeを要素から属性に変更。

  • 2007/05/17 14:04 excelrent.jar を必要なJARファイルから削除

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 佐藤 治夫 (株式会社ビープラウド)(サトウ ハルオ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Cyber Luxeonで学ぶXMLDB入門
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5