CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

現場のデータサイエンティストが語る、機械学習による課題解決プロジェクト【デブサミ2020関西のみどころ】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/25 20:00

 デベロッパーの祭典「Developers Summit(デブサミ)」の関西版であるデブサミ関西、今年は「The Future Has Come」をテーマに、8月27日にオンラインで開催します。本記事では、今回のデブサミ関西の開催を支援いただいている企業のみなさまによる、セッションのみどころをご紹介します(編集部)。

セッション名

Insight Edge的 機械学習による課題解決プロジェクト

セッション概要とポイント

 機械学習プロジェクトを成功に導くためにはフェーズごとに幾つかの抑えるべきポイントがあり、特に課題設定についてはプロジェクト全体を左右する重要なフェーズとなります。

 Insight Edgeはこれまで総合商社が持つ多くのフィールドにおいてDXプロジェクトを多数推進してきており、AI/機械学習をそれぞれの現場に適用するプロジェクトも早期から積極的に内製化してきました。

 本セッションではこれらの経験から得られた知見のうち、機械学習プロジェクトを進める際に必要となるポイントを、現在も当社の数々の現場でプロジェクトを推進しているデータサイエンティストの須賀がお話いたします。

セッションで得られること

  • 過去の歴史を学ぶことで、これからのプロジェクト推進を考える視点
  • プロジェクト推進するときの他者やパートナーと協力するときのポイント
  • 機械学習プロジェクトにおける課題設定の要点
  • 問題設定の質の向上/解決策の質の向上

登壇者プロフィール

須賀 圭一

株式会社Insight Edge
Data Scientist

大手メーカーにてAI/IoTシステム開発に従事。以降、顧客購買データ分析や工場故障予知プロジェクトなど多くの分析プロジェクトやAI/IoTスタートアップCTOを経て、2020年1月、データサイエンティストとしてInsight Edgeに参画。先端技術活用による既存ビジネスのバリューアップやDX案件のデータ分析を担当する。

奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科修了 修士(工学)

Developers Summit 2020 KANSAI

  • テーマ:The Future Has Come
  • 会期:2020年8月27日(木)10:30-17:40予定
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 会場:オンライン
  • 主催:株式会社 翔泳社
  • 詳細・申し込みはこちら

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

バックナンバー

連載:デブサミのみどころ

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5