CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ソースコード自動診断「CPE Core」、TypeScript、Go(Golang)、Kotlin for Androidに対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/09 08:00

 ブロードバンドセキュリティは、同社が提供しているソースコード自動診断「CPE Core」のサービス内容を拡充し、対応言語にTypeScript、Go(Golang)、Kotlin for Androidを追加したことを、9月7日に発表した。

 「CPE Core(Cracker Probing-Eyes Core)」は、独自の自動静的解析ツールを用いた脆弱性診断保守サービス。専用ポータルに対象ファイルをアップロードするだけで、ソースコードの脆弱性、品質面の問題を自動的に検査し、プログラミング時に脆弱性が作りこまれることを回避できる。

 同サービスでは、これまでJavaScript、Java、C/C++、Python、PHPといった主要な開発言語をサポートしてきたが、新たに開発言語として需要が高まりつつあるTypeScript、Go(Golang)、Kotlin for Androidを対応言語に追加することで、顧客の開発需要の変化により柔軟に応え、さらなるサービス強化を目指す。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5