CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Kubernetes IDE「Lens 4.0」と拡張APIがリリース、セキュリティ向上とワークフローの高速化を実現

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/17 08:00

 米Mirantisは、Kubernetes IDEの最新版である「Lens 4.0」と、その拡張APIである「Lens Extensions API」を、11月12日(現地時間)にリリースした。

 Lens Extensions APIは、Lensのカスタマイズが可能なREACT.jsベースの拡張APIで、Lensの機能を利用してアクセスとアクセス許可を管理し、Helmとkubectlを自動化できる。

 Lens Extensions APIを使用することで、Lensに新たなタブや画面を追加したり、カスタムリソースの操作が可能なので、独自のCI/CDワークフローやデータベース、独自の社内アプリケーション統合によってワークフローの高速化を実現する。

 今回発表された拡張機能の多くは、セキュリティの向上を目的としており、セキュリティ情報をカスタムリソース形式でKubernetesへネイティブに取り込み、Kubernetesユーザーがセキュリティ情報へ簡単にアクセスできるようにするほか、脆弱性、SCA、ライセンス、部品表、マルウェアなどコードのリスクを評価し、それらを企業のポリシーと比較してもっとも効率的な修正を推奨する機能などを備えている。

 また、Lensは特殊なハードウェアに依存するプロジェクトにも効果を発揮し、Entrustハードウェアセキュリティモジュールは暗号化キーを保護および管理し、nShieldは機密性の高いコンテナ化されたデータとトランザクションを保護するための拡張キー生成、署名、および暗号化を提供する。

 そのほか、サービス接続プラットフォームであるKong向けのLens Extensions APIを使用すれば、管理者はKongのドメイン内のすべてのKubenetesオブジェクトをより適切に制御および管理することが可能になるなど、セキュリティだけでなく多彩な用途に対応している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5