CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ファインディ、現役エンジニアに対する企業のDX推進についての調査結果を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/18 08:00

 ファインディは、現場エンジニアを対象に実施した、DX・企業のデジタル化に関するアンケート調査の結果を、2月17日に発表した。

 同調査は、CIO/CTOクラスやDX推進部を除く現場エンジニア344名に対して、10月29日~11月11日に行われている。

 調査対象者に、デジタル化の進展が勤務先の既存ビジネスの優位性、永続性にどの程度影響を与えると考えているかを尋ねたところ、「非常にポジティブに影響する可能性」が29%、「ある程度ポジティブに影響する可能性」が34%で、ネガティブな影響の予測を大きく上回った。

デジタル化の進展が勤務先の既存ビジネスの優位性、永続性にどの程度影響を与えると考えているか
デジタル化の進展が勤務先の既存ビジネスの優位性、永続性にどの程度影響を与えると考えているか

 AIやIoTといったデジタル技術の普及による具体的な影響として、とりわけ懸念しているものを3つまで選んでもらった質問では、「新たな代替製品・サービス」(40%)、「変化に対応できない自社従業員」(38%)、「新規参入企業による競争激化」(34%)が上位を占めている。

デジタル技術の普及による具体的な影響として、とりわけ懸念しているもの
デジタル技術の普及による具体的な影響として、とりわけ懸念しているもの

 勤務先のDXに関する取り組みが、どの程度の成果を挙げていると感じているかを尋ねたところ、「業務効率化」では35%が一定以上の成果が出ていると回答した。一方で、「新製品・サービスの創出」「ビジネスモデルの変革」「企業文化の変革」では2割程度に留まっている。

勤務先のDXに関する取り組みが、どの程度の成果を挙げていると感じているか
勤務先のDXに関する取り組みが、どの程度の成果を挙げていると感じているか

 勤務先のDXに関する取り組みで「成果が出ている」と回答した項目について、成功要因と考えられるものを、3つまで選んでもらった質問では、「経営層のリーダーシップ」(38%)、「変革を奨励する組織文化」(35%)が上位となった。

勤務先のDXにおける成功要因と考えられるもの
勤務先のDXにおける成功要因と考えられるもの

 勤務先におけるDX推進の際の課題として、重要度が高いと考えられるものを3つまで選んでもらったところ、「DX推進人材の社内育成」(41%)、「社員の不十分なITリテラシー」(29%)が上位を占めている。

勤務先におけるDX推進の際の課題として、重要度が高いと考えられるもの
勤務先におけるDX推進の際の課題として、重要度が高いと考えられるもの

 DX推進における、それぞれの役割の重要度を尋ねた質問では、「プロデューサー(プログラムマネージャ)」「エンジニア/プログラマ」の重要さを挙げる意見が多い。

DX推進における、それぞれの役割の重要度
DX推進における、それぞれの役割の重要度

 DX推進を担う人材は、どのように獲得・育成すべきかを尋ねたところ、全職種で「中途採用により獲得」が最多となった。

DX推進を担う人材は、どのように獲得・育成すべきか
DX推進を担う人材は、どのように獲得・育成すべきか

 自身のキャリアパスとして、DX推進を担う人材になりたいと思うかを尋ねた質問では、「そう思う」という回答が60%超に達している。

自身のキャリアパスとして、DX推進を担う人材になりたいと思うか
自身のキャリアパスとして、DX推進を担う人材になりたいと思うか

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5