CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

New Relic、データドリブンなアプローチを支援する新機能追加とコミュニティ貢献施策を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/24 10:00

 New Relicは、同社が年に一度開催する技術カンファレンス「FutureStack」で、エンジニアがソフトウェアの設計や構築、デプロイ、運用を行う際のオブザーバビリティのデータドリブンなアプローチを支援する一連の新機能および新たなコミュニティ貢献施策を、6月22日に発表した。

 同社は、Kubernetesの可視化を可能にするPixie Labsの買収を2020年の12月に発表しており、今回はNew Relic OneにPixieで計測したKubernetesのテレメトリーを連携することができ、ユーザーのコード更新やサンプルデータを必要としない、Kubernetesオブザーバビリティの提供を開始した。現在、Public Betaとして公開しており、無料で利用することができる。

 そのほかAPM、RUM、モバイルおよびサーバーレスなどを含むシステム全体にわたるエラーを一元化し、開発者がエラーのグループ化やデバッグのワークフローを高速化できるようになった。また、Kentik社との連携により「Network Observability」の早期アクセスプログラムを開始したほか、Formidable社とパートナーを組み、オープンソースのチャート作成ライブラリを自由に使用できるようになった。これにより、New Relic Oneのダッシュボードにおけるデータ可視化表現がより強化される。

 さらに、新たなコミュニティ貢献施策については、スタートアップ企業向けパッケージ「New Relic for Startups」の早期アクセスプログラムを開始したほか、学生向けの新しい無料パッケージ「New Relic Student Edition」の提供も開始している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5