CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

分散型NoSQLドキュメント指向データベース「Couchbase Server 7.0」が発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/06 09:00

 米Couchbaseは、オープンソースの分散型NoSQLドキュメント指向データベースCouchbase Serverの最新版「Couchbase Server 7.0」を、7月29日(現地時間)に発表した。

 「Couchbase Server 7.0」では、最新のトランザクションアプリケーションをサポートするために、SQLトランザクションをN1QLクエリ言語に追加しており、複数の同時アクティビティが発生した場合の操作のデータ整合性を確保すべく、マルチステートメントトランザクションとしてフレーム化されている。これらのSQLトランザクションは、Couchbase SDKでサポートされているアプリケーションレベルのトランザクション性と連携して機能するため、アプリケーションの動作とパフォーマンス管理を高度に制御できる。

 さらに、新たな動的データ封じ込めモデルとして、スコープとコレクションがCouchbaseバケットとJSONドキュメントの間の新しいデータ編成レイヤとして追加され、これらを組み合わせることで、CouchbaseをRDBMSスキーマにマップする多層構造をサポートする、柔軟なNoSQLシステムにするとともに、NoSQLの柔軟性を維持しつつオンデマンドで新しいデータ構造を追加している。

 ほかにも、新たなデータ整合性管理ライブラリであるChronicleの導入によって、パフォーマンスとノード間のデータ密度の両方を、大幅に向上するとともに、コレクションのPrometheusベースの統計や、Kubernetes YAMLファイルで定義されたしきい値に基づいてクラスタを自動スケーリングする「Autonomous Operator 2.8」などが追加された。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5