CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

クラスメソッド、請求代行サービスの請求情報に基づく、2016年1月~2021年6月のAWS利用動向を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/29 10:00

 クラスメソッドは、同社が提供しているAWS総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」登録アカウントへの請求情報に基づく、2016年1月~2021年6月の期間におけるAWSの利用サービス別分析およびランキングを11月25日に発表した。

 調査結果によれば、2021年上半期のサービスカテゴリ別利用費ランキングは、1位がコンピューティング(Amazon EC2などAWS上でのアプリケーション実行に関わるサービス群)、2位がデータベース(Amazon RDSやAmazon DynamoDBなどデータベース関連サービス群)、3位がネットワーキングとコンテンツ配信(Amazon CloudfrontやAmazon VPCなどのセキュアなネットワーク機能とコンテンツ配信に関わるサービス群)、4位がストレージ(Amazon S3、Amazon EBS、Amazon EFSなどストレージサービス群)、5位が分析(Amazon RedshiftやAmazon Athena、Amazon Kinesisなどのデータウェアハウスと分析ツール群)となっている。

 利用費総額ランキングで上位となったサービスカテゴリの利用費は、全体的にいずれも増加傾向ながら、とりわけコンテナの急伸、2020年第1四半期からのエンドユーザーコンピューティングの急増、2020年第2四半期からのネットワーキングとコンテンツ配信の増加加速が目立つ。

 業種ごとの利用状況をみると、2020年はエンドユーザーコンピューティングの利用比率に、業種ごとのテレワークの導入しやすさが表れたほか、金融業や外食・中食業では他業界よりも分析の活用が進んでいる。また、不動産業では業界リーダー企業がAWSを積極的に導入しており、コンテナの活用も大きく進んでいることから、業界全体の合計額にも影響を与えた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5