Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NET Futuresで次世代ASP.NETを体験しよう

ASP.NET Futuresのコントロール利用方法を学習する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/08/23 14:00

ASP.NET AJAXの登場はASP.NET利用者にとって大変な衝撃があったかと思います。ASP.NET開発チームはASP.NET 3.5とは別に将来的にASP.NETに組み込むためのコントロールや新機能の開発を進めています。これらの新機能の登場はユーザーにとって再度大きな衝撃を与えると言っても過言ではありません。本稿ではASP.NETの新機能を提供するASP.NET Futures CTPで利用可能な代表的なコントロールの扱い方について学習したいと思います。

目次

はじめに

 ASP.NET AJAXの登場によりASP.NETによるAJAX開発が容易になりました。現在ASP.NET開発チームはASP.NETを利用した開発を進める上で更に便利なコントロールを開発し、将来的にリリースしようとしています。これらのコントロールはASP.NET Futures CTPという名称で、実際に利用する事ができます。

 本稿では、ASP.NET Futuresで利用可能なXAMLコントロールや、Mediaコントロール、そしてHistoryコントロールの使い方について学習していきたいと思います。XAMLコントロール、MediaコントロールはSilverlightを簡単にWebページに組み込む機能を、Historyコントロールはブラウザの戻るボタンの挙動をサポートする機能を持っています。なお、本稿ではASP.NET Futures CTPを利用します。

対象読者

  • ASP.NET 2.0を使ったことがある方
  • ASP.NET AJAXを利用している方
  • AJAXに興味がある方
  • Silverlightに興味がある方
  • JavaScriptが使える方

必要な環境と準備

  • Visual Studio 2005(以下、VS)もしくは、J#・C++を除くExpress Edition
  • ASP.NET AJAX V1.0
  • ASP.NET Futures CTP
  • Silverlight 1.0 RC

 ASP.NET Futures CTPのインストールにはASP.NET 2.0 AJAX Extensionsのインストールが必須です。インストールされていない端末上でASP.NET Futures CTPのインストールを行うとインストールエラーが発生するため、事前にASP.NET 2.0 AJAX Extensionsをインストールする必要があります。ASP.NET 2.0 AJAX Extensionsのインストール方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

 ASP.NET Futures CTPはASP.NET AJAX公式サイトでダウンロードすることができます。画面上部の[Download]という項目を選択し、[ASP.NET Futures]を選択するとダウンロード画面に遷移しますので[Download]をクリックしてインストーラをダウンロードしてください。インストーラを実行するとウィザードが起動しますので、ウィザードに沿って進めていくことでASP.NET Futures CTPのインストールが完了します。

 インストールが完了すると、Visual Studio 2005のWebサイトテンプレートに、以下の3つが追加されます。

  • ASP.NET AJAX Futures Web Site
  • ASP.NET AJAXをメインで利用する際のテンプレート(今回のサンプルはすべてこのテンプレートを利用して作成しています)。
  • ASP.NET Futures Web Site
  • メインにIronPythonやManagedJScriptなどの動的言語(Dynamic Language Runtime)を利用する際のテンプレート。
  • Dynamic Data Web Site
  • ASP.NET Futuresで追加されたDynamic Dataコントロールを利用する際のテンプレート。
図1 [新しいWebサイト]ダイアログ
図1 [新しいWebサイト]ダイアログ

 また、ツールボックスにFuturesのコントロールが追加されます(図2)。Silverlightのインストールについては、Mediaコントロールの説明時に後述します。

図2 Futuresが提供するコントロールの一部(クリックすると全て表示されます)
図2 Futuresが提供するコントロールの一部(クリックすると全て表示されます)

ASP.NET Futures CTPとは

 ASP.NET Futures CTP(以下、Futures)とは、その名の通りASP.NET上に将来的に実装される技術が詰め込まれた物で、現時点では.NET Framework 2.0を利用して作られています(.NET Framework 3.5がインストールされていなくても利用できます)。ASP.NET AJAXも本来は.NET Framework 3.5に搭載される技術の1つでしたが、1月の時点で先行的にリリースされました。このような前例がある為、FuturesはVS 2008 β2の段階では組み込まれていませんが、ASP.NET AJAXの様にVS 2005やVS 2008のExtensionsとしてリリースされるのではないかと著者は感じています(開発者から具体的な明言はされていません)。

 Futuresは大きく分けると以下の5項目からなっています。

  • ASP.NET AJAX対応
    • 既存のExtensionsの他にHistoryコントロールが追加。
    • Microsoft AJAX Libraryで利用されているクライアントクラスの機能拡張。
    • ASP.NET AJAXをサーバコントロールやJavaScriptからではなく、XML-Scriptという独自の宣言型スクリプトとして利用可能。
    • REST形式で外部のWebサービスを呼び出す場合のブリッジクラスとして利用できるasbxファイル。
  • Silverlight対応
  • ASP.NETのサーバコントロールでSilverlightの組み込みが可能。
  • Dynamic Dataコントロール対応
  • Dynamic Dataコントロールにより、直観的でシンプルなUIをWebページに提供することが可能。
  • ASP.NET上での動的言語対応
  • IronPythonやManagedJScriptなどの動的言語をコードビハインドとして利用可能。
  • ASP.NETアプリケーションサービス
  • AJAXやSilverlightを利用しているページを検索しやすくなるように設定するアプリケーションサービス。

 Futuresを利用して実現できるのは上記の5種類がメインです。ただし、このFuturesはあくまでCTPなので正式リリースまでに大規模な変更が起こりうる可能性がある点に注意が必要です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト ナオキ(ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5