SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

翔泳社 新刊紹介(PR)

データ×AI領域のエンジニアにはどんなキャリア設計がある?『データ×AI人材キャリア大全』発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データ×AIの活用領域が広がり、エンジニアの需要は増すばかり。エンジニアには多くの選択肢があり、いかにスキルを身につけキャリアを設計するかが重要です。今回は6月20日(月)に発売となった『データ×AI人材キャリア大全』(翔泳社)を紹介します。

 『データ×AI人材キャリア大全 職種・業務別に見る必要なスキルとキャリア設計』では、データ×AIの領域で仕事をしたいエンジニアがどのようにキャリアアップしていけばいいのかを紹介しています。

 本書で扱う主な職種は下記の通りです。

  • データサイエンティスト
  • データエンジニア
  • 機械学習エンジニア
  • データアナリスト
  • BIエンジニア

 それぞれに必要なスキルや役割、具体的な仕事内容を、「機械学習システム構築」「データ分析」「データ可視化・BI構築」という3つのデータ×AIプロジェクトの全体像を通して解説しています。

 著者はデータ×AI人材の交流を目的とするコミュニティ「データラーニングギルド」を主宰し、多数のデータサイエンティストの育成に携わってきた村上智之さん。村上さんがノウハウを培ってきたキャリア設計のためのロードマップのほか、就職・転職を決めるポートフォリオの作り方も提案しています。

 すでにこの領域に足を踏み入れているエンジニアの方が次のキャリアを考えるとき、また、これから目指そうとしている方にとっても、業界と仕事を知るうえでまずは読んでおきたい1冊です。

目次

第1部 データ×AI業界の全体像
第1章 データ×AIによる社会の変革
第2章 データ×AI活用に関する基礎知識

第2部 データ×AIプロジェクトの全体像と各職種の果たす役割
第3章 データ×AIプロジェクトの種類と概要
第4章 機械学習システム構築プロジェクト
第5章 データ分析プロジェクト
第6章 データ可視化・BI構築プロジェクト

第3部 データ×AI人材になるために必要なこと
第7章 データ×AI人材になるためのロードマップ
第8章 データ×AI人材としての転職を決めるポートフォリオ(概要編)
第9章 データ×AI人材としての転職を決めるポートフォリオ(作成編)
第10章 10年後を見据えたキャリア設計

データ×AI人材キャリア大全

Amazon  SEshop  その他


データ×AI人材キャリア大全 職種・業務別に見る必要なスキルとキャリア設計

著者:村上智之
発売日:2022年6月20日(月)
定価:2,860円(本体2,600円+税10%)

本書について

本書はデータ×AI人材への就職・転職を目指す方に向けて、職種やプロジェクトごとの具体的な仕事内容、求められるスキルなどを、網羅的に解説した書籍です。

 

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社 新刊紹介連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/15934 2022/06/20 07:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング