SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

翔泳社 新刊紹介(PR)

ソーシャルログインの実装方法を解説、『Firebase Authenticationで学ぶ ソーシャルログイン入門』発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CodeZineを運営する翔泳社より、書籍『Firebase Authenticationで学ぶ ソーシャルログイン入門 ID管理の原則にそった実装のベストプラクティス』が12月12日(月)に発売となりました。本書は今や多くのアプリで当たり前になった「ソーシャルログイン機能」をどのように実装すればよいのか、Firebase Authenticationの利用を例に解説した書籍です。

 ソーシャルログインを一から開発するのは非常に専門的な知識が必要なため、IDaaS(ID as a Service)を利用することが一般的です。Firebase Authenticationはその1つであり、比較的簡単にソーシャルログインを実装できるようになります。

 本書では「未登録」「仮登録」「本登録」「一時凍結」「退会」といったIDライフサイクルをもとに、ソーシャルログインに必要な機能を順番に解説していきます。

 アプリ開発でログイン周りの担当になった方や、とりあえず利用できてはいるが理解に不安があるという方も、ぜひ本書を参考にID管理の原則を学び、ソーシャルログインを実装する知識を習得していただければと思います。

目次

Chapter 1 IDaaSを使ったソーシャルログイン
Chapter 2 Firebase UIを用いたログイン画面の実装
Chapter 3 ソーシャルログインを実現するには
Chapter 4 ソーシャルログイン、本登録、仮登録
Chapter 5 リカバリー
Chapter 6 登録情報の変更、一時凍結・再有効化、退会
Chapter 7 Firebase Auth単体での利用

Firebase Authenticationで学ぶ ソーシャルログイン入門 ID管理の原則にそった実装のベストプラクティス

Amazon  SEshop  その他

 
Firebase Authenticationで学ぶ ソーシャルログイン入門
ID管理の原則にそった実装のベストプラクティス

著者:Auth屋
監修:いとう りょう
発売日:2022年12月12日(月)
定価:3,080円(本体2,800円+税10%)

本書では、Firebase Authenticationの利用を例に、「未登録」「仮登録」「本登録」「一時凍結」「退会」といったIDライフサイクルをもとに、ログインやリカバリーなど、ソーシャルログインまわりに必要な機能を洗い出し、実装していきます。

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社 新刊紹介連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16836 2022/12/12 07:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング