Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual Studio 2008で進化するASP.NET 3.5の開発手法(中篇)

VS 2008を利用したASP.NET 3.5の開発方法を学習する 2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/11/30 14:00

VS 2008でASP.NETは 2.0から3.5へとバージョンアップします。先行的にリリースされた、ASP.NET 2.0 AJAX Extensionsの機能を利用したコントロールもあります。本稿では特にVS 2008で大幅にパワーアップしたASP.NET 3.5の新機能に注目して解説します。

目次

はじめに

 前篇ではVS 2008のIDE部分をメインに解説しました。引き続き、中篇ではASP.NET AJAXをはじめ、VS2008で追加されたBCL(Base Class Library)について解説します。なお、今回の記事では、ベータ2段階での執筆だったのですが、11月19日にリリースされた英語版RTMを用いて検証も行った結果についても記しているので、日本語版RTM前に参考にしていただければ幸いです。

これまでの記事

対象読者

  • ASP.NET 2.0を使ったことがある方
  • Visual Studio 2008に興味がある方

必要な環境と準備

  • Visual Studio 2008 、Visual Web Developer 2008 Express Editionもしくは、Visual Studio 2008 ベータ2

 Visual Studio 2008(以下、VS 2008)もしくは、Visual Web Developer 2008 Express Edition(以下、VWD 2008)の環境の準備とハードウェア要件については前篇を参照ください。

ASP.NET 3.5の新機能(中篇で触れる部分)

  • ASP.NET AJAXのサポート
  • VS 2008上でのASP.NET AJAX Control Toolkitの扱い方
  • 追加されたBCLについて

ASP.NET AJAXの標準サポート

 ASP.NET AJAXはASP.NET上で利用可能なAJAX対応フレームワークです(ASP.NET AJAXに関する詳細は、「触ってみようASP.NET 2.0 AJAX Extensions」を参照)。ASP.NET 2.0では、ASP.NET AJAXは追加でインストールを行う必要がありましたが、VS 2008では標準でサポートされます(つまり、VS 2008をインストールするだけで利用が可能です)。

 ASP.NET 2.0/3.0ではASP.NET AJAX 1.0から利用しますが、ASP.NET 3.5では、.NET Framework 3.5で提供されるAJAX 3.5を利用します。

 ただし、ASP.NET AJAX Control Toolkit(以下、Control Toolkit)については、従来通り、ASP.NET 3.5に追加でインストールを行う必要がありますので、要注意です。CodePlexからVS 2008(.NET Framework 3.5)用のモジュールをダウンロードするようにしてください。Control Toolkitの利用方法は「使ってみようASP.NET AJAX Control Toolkit(入力補助コントロール編)」の記事を参照ください。

マルチターゲッティング使用時の注意点
 RTM版では、上記のような手法で2.0~3.5でAJAXを使用できますが、AJAX 1.0と3.5では機能的に差分があるので、マルチターゲッティングサポートを利用してバージョン変更する際には注意が必要です。
 筆者が触れてみた感想として、.NET 2.0/3.0から.NET 3.5へバージョン変更(逆もですが)した場合に、AJAX Extensionsのデザインがエラー表示されることがありました。また、実行時エラーが起きることも確認できました。RTM版ですが、AJAXを使用する場合には、できる限りASP.NET 3.5を使用するようにしてください。
 

 基本的な扱い方についても基本的には変わりませんので、従来学んできた知識はASP.NET 3.5でもそのまま有効です。

 現時点で判明しているASP.NET AJAXの変更点は次のとおりです。

  • Webパーツ内でUpdatePanelを使用する時のサポート
  • JSONエンドポイントに基づくWCFのサポート
  • ASP.NETプロファイル使用の機能の修正
  • JavaScriptを使用したロールとログインアプリケーションサービス
ベータ2を利用する場合の注意点
 VS 2008 ベータ2には既知の問題点があります。VS 2005でASP.NET AJAXを利用している場合、VS 2008 ベータ2をインストールするとVS 2005のASP.NET 2.0によるWebサイトはVS 2008のASP.NET AJAX(.NET Framework 3.5版)を参照します。この問題点を解決するためにはバッチファイルをダウンロードし、実行してください。
 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト ナオキ(ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:VS 2008を利用したASP.NET 3.5の開発方法を学習する
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5