CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Adobe、Flexに続くオープンソース化は「BlazeDS」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/12/13 20:32

Adobe Systems Inc.は13日、Flashによるリモーティング/メッセージング関連技術のソースコードを「BlazeDS」と呼ばれるオープンソース製品としてリリースする計画を発表した。

 Adobe Systems Inc.は13日、Flashによるリモーティング/メッセージング関連技術のソースコードを「BlazeDS」と呼ばれるオープンソース製品としてリリースする計画を発表した。

 これまでAdobe LiveCycle Data Services ESの一部として提供されてきた技術で、BlazeDSを利用すると、Adobe FlexやAdobe AIRアプリケーションで簡単にリアルタイムのプッシュデータを利用できるようになり、従来よりもレスポンスの早いRIAを短期間で構築することが可能。また、オープンソース化によりJava以外のバックエンドでの利用も今後期待される。

 Action Message Format(AMF)の規格とともにLesser General Public License(LGPL v3)で公開され、本日よりAdobe Labsでパブリックベータの提供が開始された。

 これに伴い、エンタープライズ向けサポートとして、BlazeDBの認定ビルドを利用した製品へのソフトウェア保証/デベロッパーサポートを購入できる「Adobe LiveCycle Data Services Community Edition」も提供される。

 また同日より、Adobe AIRAdobe Flex Builder 3Adobe Flex 3の各Beta 3のダウンロード提供もAdobe Labsで開始された。

 
【プレスリリース】
Adobe Announces Open Source Technologies for Enterprise RIAs

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5