Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft Visual C++ 2008再頒布可能パッケージ最新版公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/01/28 17:57

Visual C++ 2008で開発したプログラムを実行するための環境、「Microsoft Visual C++ 2008再頒布可能パッケージ」が公開されている。

 Microsoftダウンロードセンターでは、「Microsoft Visual C++ 2008再頒布可能パッケージ」(x86)の最新版を1月25日より配布している。

 これは、Visual C++で開発されたアプリケーションをVisual C++ 2008がインストールされていないコンピュータ上で実行する際に必要となるもので、Visual C++ライブラリである「C Runtime(CRT)」「Standard C++」「ATL」「MFC」「OpenMP」「MSDIA」といったランタイムコンポーネントをインストールすることができる。

 対応OSは、Windows 2000 Service Pack 4、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows XP。いずれも最新の状態にアップデートした上でインストールすることが推奨されている。

 
【関連リンク】
Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ (x86)(Microsoftダウンロードセンター)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5