Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

セレゴ・ジャパン、iKnow!のAPI公開を記念した
アプリケーションコンテストを開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/17 13:09

 無料語学学習SNS「iKnow!」を提供するセレゴ・ジャパンは15日、技術者向けにiKnowのコンテンツや学習エンジンを利用できる「iKnow! API」の提供を開始した。APIの公開を記念してアプリケーションコンテストも開催している。

 無料語学学習SNS「iKnow!」を提供するセレゴ・ジャパンは15日、技術者向けに、iKnow!のコンテンツや学習エンジンを利用できる「iKnow! API」の提供を開始した。APIの利用方法や利用条件、ツール等の情報は「iKnow! Developers」で確認できる。

 また、APIの公開を記念してiKnow!APIを利用したアプリケーションのコンテスト「iKnow! API KICK OFF! Developer Challenge」が開催している。応募は無料で2008年12月15日まで受け付けており、コンテストの上位3名には賞金が授与される(最高賞金20万円)。

 iKnow! APIの特徴として、既存コンテンツの例文や単語を取得する「言語解析ツール」、例文やリストの編集・音声のアップロードを行う「コンテンツ作成ツール」、全コンテンツから様々なデータをXML/RSS/JSON形式で取得する「データフィードツール」の3つがある。これらを活用することで、Wiiでも実行できるFlashベースの「BrainSpeed」のようなアプリケーションや、オリジナルのブログパーツなどが作成可能になるとしている。

 セレゴ・ジャパンでは、「利用者アンケートの結果、iKnow!ユーザーの会社員のうち技術系会社員が22%と営業事務系の15.9%を上回っており、ユーザーかつ技術者の方々が積極的にiKnow! APIを活用することで、より面白く有益なアプリケーションが作成できるのではないか」と述べている。

 
【関連リンク】
iKnow!
iKnow! Developers

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5