Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

カスタムバルーンチップを持った.NETアプリケーションを作る

PlusPak for Windows Forms 5.0JのGcBalloonTip1コンポーネントを使ったアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/12/25 14:00

 PlusPak for Windows Forms 5.0JのGcBalloonTip1コンポーネントは、バルーンチップを表示するコンポーネントです。今回は、これらのコンポーネントで標準コントロールをカスタマイズし、バルーンチップを使った簡単な入力フォームを作成しました。

目次

はじめに

 メッセージボックスは、Windowsアプリケーションに欠かせない機能ですが、簡単なインフォメーションを表示するだけでも、OKボタンを押さないといけないわずらわしさがあります。

 PlusPak for Windows Forms 5.0JのGcBalloonTipコンポーネントは、バルーンチップを表示するコンポーネントです。メッセージボックスと違い、ツールチップの形態で情報を表示できるので、入力フォームの近くなどに表示できます。また、フォーカス移動を伴わないためコントロールへの入力操作を妨げません。さらに、バルーンの中にコントロールを組み込めるため、バルーンでもイベント処理を実行することができます。

 さらに、GcStylePlusコンポーネントを使うと、標準コントロールのプロパティを動的に変えることが可能です。GcContainerコンポーネントは、標準コントロールにキャプションを追加したり、背景をグラデーションで塗りつぶしたりすることもできます。

 今回は、これらのコンポーネントで標準コントロールをカスタマイズし、バルーンチップを使った簡単な入力フォームを作成しました。

入力の際の注意事項をバルーンで表示する
入力の際の注意事項をバルーンで表示する
郵便番号欄に数字以外の文字が入るとバルーンで警告をする
郵便番号欄に数字以外の文字が入るとバルーンで警告をする
GcStylePlusコンポーネントによって、フォーカスのあるTextBoxとマウスが重なったTextBoxで背景色を変えることができる
GcStylePlusコンポーネントによって、フォーカスのあるTextBoxとマウスが重なったTextBoxで背景色を変えることができる

対象読者

 Visual Basic 2005・2008を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005、2008、Visual C# 2005、2008、Visual Studio 2005、2008でプログラムが作れる環境。なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2005を使用して作成し、動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

 PlusPak for Windows Forms 5.0Jを使って作成したアプリケーションを配布する場合、PlusPak for Windows Forms 5.0Jのアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、Common Language RuntimeのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。

 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次の4つのファイルをインストールする必要があります。

ファイル名 説明
GrapeCity.Win.PlusPak.v50.dll 本体コンポーネント
GrapeCity.Framework.PlusPak.v20.dll 製品のフレームワーク
GrapeCity.Win.PlusPak.v50.resources.dll 本体コンポーネントのサテライトリソース
GrapeCity.Framework.PlusPak.v20.resources.dll 製品フレームワークのサテライトリソース

 これらのファイルを、プログラムを実行するBinフォルダに格納します。.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

コンポーネントのインストール

 はじめてPlusPak for Windows Forms 5.0Jを使用する方は、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にPlusPak for Windows Forms 5.0Jをインストールする必要があります。インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。

 ユーザー情報を登録すると送られてくるメールにダウンロード用のURLが記載されているので、ここからダウンロードしてインストールしてください。ファイルはzip形式で圧縮されています。有償のコントロールですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 PlusPak for Windows Forms 5.0Jをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコントロール」のアセンブリ名が「GrapeCity.Win.PlusPak」で始まるコンポーネント「GcStylePlus」「GcBalloonTip」「GcContainer」です。

アセンブリ名がGrapeCity.Win.PlusPakで始まるGcStylePlus、GcBalloonTip、GcContainerコンポーネントを選択する
アセンブリ名がGrapeCity.Win.PlusPakで始まるGcStylePlus、GcBalloonTip、GcContainerコンポーネントを選択する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5