Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NET AJAXの開発をさらにサポート「ASP.NET 3.5 SP1」

ASP.NET 3.5 Extensions + ASP.NET MVCフレームワーク(5)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/03/18 14:00

 Visual Studio 2008 Service Pack1から、ScriptManagerコントロールの機能強化が行われ、AJAX機能のサポートが行われています。また、ASP.NET Controls for Silverlightにより、Silverlightのメディアやコンテンツをサポートするコントロールの追加も行われています。本稿では、ASP.NET 3.5 SP1/ASP.NET Controls for Silverlightの概要とアプリケーションの作成について学びたいと思います。

目次

はじめに

 Visual Studio 2008 Service Pack1(以下、VS2008)の追加機能の一つにASP.NET AJAXのScriptManager(ScriptManagerProxyも含む)コントロールの機能強化があります。また、11月にリリースされた、ASP.NET Controls for Silverlight(以下、Silverlightコントロール)もASP.NETユーザーにとって便利なコントロールです。

 本稿では、ScriptManagerコントロールの機能強化とASP.NET Controls for Silverlightの利用について解説します。

今回触れる部分

  • VS2008 SP1におけるjQuery IntelliSense/Tooltipの適用
  • ASP.NET 3.5 SP1におけるScriptManagerの機能強化概要と利用
  • ASP.NET Controls for Silverlightの概要と利用

必要な環境

 次の環境が必要です。

  • Visual Studio 2008
  • Visual Studio 2008 Service Pack1
  • Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight Tools
  • jquery-1.3.2-vsdoc.js

 VS2008のインストールは、Visual Studio 2008入門 第1回を参考に行ってください。

VS2008 SP1インストーラの入手先

 VS2008 SP1は、Microsoftダウンロードセンターからダウンロードできます。インストールはウィザードに従って進めるだけです。

Visual Studio 2008 SP1 用 Microsoft Silverlight Toolsの入手先

 Silverlightコントロールは、Microsoftダウンロードセンターからダウンロードできます。こちらもインストールはウィザードに従って進めるだけです。

jquery-1.3.2-vsdoc.jsの入手先

 jquery-1.3.2-vsdoc.jsは、jQueryのWebサイトからダウンロードできます。jquery-1.3.2-vsdoc.jsと共に、jquery-1.3.2.jsもダウンロードします。適用方法は次項で解説します(図1)。

図1 jQueryのダウンロードページ
図1 jQueryのダウンロードページ

 なお、アプリケーションを配布する際に不要なコメントや空白、改行を省きソースコードを縮小したMinified版もちょっとしたTipsを利用することで適用できるので、必要とあらばMinified版のダウンロードを行いましょう。

VS2008 SP1におけるjQuery IntelliSense/Tooltipの適用

 オープンソースのJavaScriptライブラリであるjQueryがVS2008に組み込まれることになりました。以下の手順により、VS2008上でjQueryのIntelliSenseを活用してコーディングができるようになります。

  1. MSDNコードギャラリからKB958502をダウンロードし、exeを実行
  2. VS2008のプロジェクトにjquery-1.3.2-vsdoc.js/jquery-1.3.2.jsを同一の場所に配置
  3. 利用するページ上に<script />要素で標準のjqueryファイルを参照設定して利用

 これで、jQueryをIntelliSenseとToolTip付きで利用できるようになります。

 Microsoft AJAX Libraryの活用はASP.NET AJAXとの連携部分だけに任せて、それ以外のScript部分はjQueryが使えるようになるので、Web開発者にとって好評であるjQueryをお手軽に利用できるようになる今回のパッチとライブラリのリリースは多くの開発者に歓迎されています。

図2 jQueryのIntelliSenseとTooltip利用画面
図2 jQueryのIntelliSenseとTooltip利用画面

KB958502の挙動とMinified版jQueryを利用する方法

 KB958502を適用すると、VS 2008は以下の順番にJavaScriptファイルを検索し、見つけたものを適用します。

  • mylibrary-vsdoc.js:ここでは、jquery-1.3.2-vsdoc.js
  • mylibrary.debug.js:jQueryには存在しないが、あるとすればjquery-1.3.2.debug.jsとなる
  • mylibrary.js:ここでは、jquery-1.3.2.js

 ファイル名の検索で見つけた物を参考にするので、ダウンロードしてきた状態の''jquery-1.3.2.min.js''は検索の対象外となります。つまり、Minified版を利用したい場合は、ファイル名を''jquery-1.3.2.js''に修正するだけでOKです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト ナオキ(ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:ASP.NET 3.5 Extensions + ASP.NET MVCフレームワーク
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5