CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【第2回】ホスト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Eclipseの汎用性と組込み開発の特殊性の両方を軸に、実際のターゲットであるARM マイコンを使って、マイコン開発を行っていきます。サーボモータベースの二足歩行ロボットの制御基板の開発をテーマに解説します。

目次

はじめに

 組込み開発ではソフトウェアが組み込まれる方をターゲット、そのソフトを開発するシステムをホストと呼んでいます。ホストは、要するに皆さんが普段使っているWindowsやMacなどの「パソコン」です。

 組込みソフトウェア開発と言っても特別なことはありません。確かに筆者が駆け出しの頃には貧弱な開発環境に悩まされました。デバッグに使えるリソースはGPIOに接続したLED一本なんてこともありましたが、今ではそんな「男前デバッグ」はほとんどありません。十分な量のデバッグリソースが使えます。なんせ、Eclipseが使えますから。

筆者の環境

 筆者のメインの開発環境は、下記のような感じです。

  • ThinkPad X60 1709Q6J
    • CPU Core2Duo 2GHz
    • RAM 2GB
    • HDD 250GB
  • OS マルチブート環境
    • Windows 2000
    • Windows XP Professional (動作検証済み)
    • Windows Vsita Business
    • Linux Fedora Core 7 (動作検証済み)

開発の流れ

 開発の流れを大まかに分けると、下記のようになると思います。ソフトウェア開発論(メソドロジー)は色々ありますし、その開発、提唱だけでご飯を食べている人もいます。

要求分析
 ↓
仕様書作成
 ↓
概要設計
 ↓
詳細設計
 ↓
コーディング
 ↓
テスト
 ↓
デバッグ

 Eclipseはほとんど全ての作業領域で適用可能ですが、この連載ではこの中で特に「コーディング」と「デバッグ」について重点的に解説します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 大橋 修(大宮技研合同会社)(オオハシ オサム)

    大宮技研 エグゼクティブ・エンジニア。 都立高専電気工学科卒業後、日本精工(株)でエアバッグの制御ソフトウェア開発、ボッシュ(株)にてエンジンマネージメントシステム開発、適合ツールの開発、プロジェクトマネージメント、ノキアにてシンビアンOS用ミドルウェアS60の開発などをおこなう。インテルを経て、...

バックナンバー

連載:Eclipse/ARMプロセッサによる組込み開発

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5