CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【第2回】ホスト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

gdbの入手

 gdbはこちらのサイトから入手できます。

 現在(2007/10/20)、gdb-6.7が最新バージョンです。筆者自身は6.6を使っていますが、遠からずバージョンアップしようと考えています。

gdbのインストール

 こちらは複雑な手順は特にありません。gdb-6.6.tar.gzをダウンロードしたら、

tar xvfz gdb-6.6.tar.gz 
cd gdb-6.6 
./configure --target=arm-elf --prefix=/usr/local/arm/  --enable-languages=c,c++ --with-cpu=arm7tdmi   make  make install

 これでインストールは完了しました。ホームディレクトリの.bash_profileに、export PATH=$PATH:/usr/local/arm/bin を書き加えた後、

source ./.bash_profile[Enter]

 を実行し、(※bashの場合)

arm-elf-gcc[Enter]

 と入力した後に

arm-elf-gcc: no input files

 と表示されればOKです。

arm-elf-gdb[Enter]

 と入力した後に、Windowsと同様のメッセージが出ていれば、今回のインストールは完了です。

予告

 次回は、JTAGインタフェースの接続準備に取り掛かります。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Eclipse/ARMプロセッサによる組込み開発

もっと読む

著者プロフィール

  • 大橋 修(大宮技研合同会社)(オオハシ オサム)

    大宮技研 エグゼクティブ・エンジニア。 都立高専電気工学科卒業後、日本精工(株)でエアバッグの制御ソフトウェア開発、ボッシュ(株)にてエンジンマネージメントシステム開発、適合ツールの開発、プロジェクトマネージメント、ノキアにてシンビアンOS用ミドルウェアS60の開発などをおこなう。インテルを経て、...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5