CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【第3回】ターゲット接続の準備

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

ソフトウェア:入手とインストール 2

UNIX系OS編

入手とインストール

 Linux、MacOSXなどのUNIX系OSではドライバをソースコードからビルドします。

ドライバ

libusb

 各種UNIX互換OS USBのAPIを共通で操作できるようにしたユーザ領域で動作するAPIラッパーです。

  1. ここ(libusb.sourceforge.net)からstable版libusb-0.1.12.tar.gzのソースコードをダウンロードします。
  2. 適当なディレクトリに展開します。
    tar xvfz libusb-0.1.12.tar.gz[Enter]
  3. ディレクトリを移動します。
    cd libusb-0.1.12[Enter]
  4. ./configure[Enter]
  5. make[Enter]
  6. make install[Enter]
libftdi

 上記のlibusbを呼び出して使うFTDI社の各種USB用チップのAPIラッパーです。

  1. ここ(www.intra2net.com)から、libftdi-0.10.tar.gzのソースコードをダウンロードします。
  2. 適当なディレクトリに展開します。
    tar xvfz libftdi-0.10.tar.gz[Enter]
  3. ディレクトリを移動します。
    cd libftdi-0.10[Enter]
  4. ./configure[Enter]
  5. make[Enter]
  6. make install[Enter]

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Eclipse/ARMプロセッサによる組込み開発

もっと読む

著者プロフィール

  • 大橋 修(大宮技研合同会社)(オオハシ オサム)

    大宮技研 エグゼクティブ・エンジニア。 都立高専電気工学科卒業後、日本精工(株)でエアバッグの制御ソフトウェア開発、ボッシュ(株)にてエンジンマネージメントシステム開発、適合ツールの開発、プロジェクトマネージメント、ノキアにてシンビアンOS用ミドルウェアS60の開発などをおこなう。インテルを経て、...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5