Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Spring FrameworkとCurl ORBを用いたアプリケーション開発
デモ・アプリケーションの開発

第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/05/19 14:00

 前回はサンプルコードを用いて、Curl ORBの動きを説明していきました。今回は、実際にコードを記述して、開発する手順を説明していきたいと思います。

目次

はじめに

 前回はサンプルコードを用いて、Curl ORBの動きを説明していきました。今回は、実際にコードを記述して、開発する手順を説明していきたいと思います。

Javaコードの作成(1)

 前回説明したEclipseプロジェクトに新規サービスを追加していきます。まずはサービスクラスとデータクラスを作成します。サービスクラスは実際にCurlから呼び出すクラスとなり、データクラスはそのやりとりをするデータのクラスとなります。具体的には、メソッドの引数や戻り値となるクラスです。引数や戻り値にサポートしている型(プリミティブ、String、配列、List、Map、BigInteger、BigDecimal、Date、Timestamp、RecordSetなど)を定義する場合は、データクラスを作らなくてもよいです(Curl ORBでサポートされる方はこちらを参照ください)。

 ここではまず、demoパッケージを作成し、その配下にデータクラスProductを作ります。EclipseのProject Explorerからcurl-orb-serverを選択し、New→Packageを選択し、demoパッケージを作成します。新しいパッケージをSpringで管理できるように、以下のように<context:component-scan base-package="demo"/>を1行追加します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
        xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
        xmlns:p="http://www.springframework.org/schema/p"
        xmlns:aop="http://www.springframework.org/schema/aop"
        xmlns:context="http://www.springframework.org/schema/context"
        xmlns:jee="http://www.springframework.org/schema/jee"
        xmlns:tx="http://www.springframework.org/schema/tx"
        xsi:schemaLocation="
            http://www.springframework.org/schema/aop
            http://www.springframework.org/schema/aop/spring-aop-2.5.xsd
            http://www.springframework.org/schema/beans
            http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-2.5.xsd
            http://www.springframework.org/schema/context
            http://www.springframework.org/schema/context/spring-context-2.5.xsd
            http://www.springframework.org/schema/jee
            http://www.springframework.org/schema/jee/spring-jee-2.5.xsd
            http://www.springframework.org/schema/tx
            http://www.springframework.org/schema/tx/spring-tx-2.5.xsd">

  <context:component-scan base-package="sample"/>
  <context:component-scan base-package="demo"/>

</beans>

 次に、demoパッケージを右クリックし、New→Classを選択します。

 上記画面で、NameにProductを入力し、Interfaceにjava.io.Serializableを選択すると空のProductクラスが作成されますので、以下のようにフィールドとgetter/setterを追加します。

package demo;

import java.io.Serializable;

public class Product implements Serializable {
	
	private static final long serialVersionUID = 7071029986547765264L;

	private String id;
	private String name;
	private int price;

	public String getId() {
		return id;
	}
	public void setId(String id) {
		this.id = id;
	}
	public String getName() {
		return name;
	}
	public void setName(String name) {
		this.name = name;
	}
	public int getPrice() {
		return price;
	}
	public void setPrice(int price) {
		this.price = price;
	}
}

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 岡田 一志(オカダ ヒトシ)

    大企業向けSI開発、IT基盤設計/構築やiDC設立プロジェクトの企画/開発/運用など幅広く活躍し、2006年にCurlに参画する。米Curl社(マサチューセッツ)にてCurl Core RTEの設計・開発に従事した後、現在は株式会社カールにて、Innovation Centerのオペレーションおよび...

バックナンバー

連載:CurlデベロッパーセンターPick Up

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5