Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

カウントダウンタイマー機能を持った.NETアプリケーションを作る

InputMan for Windows Forms 5.0Jのタイムスパンコントロールを使ったアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/04/24 14:00
目次

フォームのデザイン

 フォームは、GcTimeSpanコントロールとButtonを3個、Labelコントロール、Timerコントロールを配置します。GcShortCutコントロールは、GcTimeSpanコントロールをフォームに配置すると自動的に配置されます。

 GcTimeSpanコントロール以外のコントロールは、次のようにプロパティを設定します。

コントロール プロパティ 設定値
Button1 Text "開始"
Button2 ForeColor MediumBlue
Text "一時停止"
Button3 BackColor LightGreen
ForeColo OrangeRed
Text "リセット"
Label AutoSize False
BackColor Black
ForeColor Black
Text "作動中"
TextAlign MiddleCenter
Font.Size 48
Timer Interval 1000
フォームのデザイン
フォームのデザイン

GcTimeSpanコントロールについて

 「タイムスパン(TimeSpan)コントロール」は、期間や時間の長さなどの時間間隔を入力するのに適したコントロールで、書式設定により入力および表示書式を自由に設定できます。

 「入力書式」とは、コントロールが入力フォーカスを受け取ったときの書式で、「表示書式」は入力フォーカスのないときの書式です。

 入力書式の設定は、Fieldsプロパティによって行われ、フィールドとよばれる入力領域を構成する要素によって定義されます。また、表示書式は、DisplayFieldsプロパティによって行われ、Fieldsプロパティと同様フィールドによって定義します。

 各書式は、スマートタグから専用のデザイナを使用して、簡単に設定できるようになっています。「書式設定」では、いろいろな表示形式を設定でき、また入力中にリテラル文字列を表示することもできます。表示する時刻、リテラル文字のフォントや文字色、背景色を自由に設定できるので、見やすい表示デザインが設定可能です。

リテラル文字に「_」を設定し、入力フィールドを分かりやすくできる
リテラル文字に「_」を設定し、入力フィールドを分かりやすくできる
いろいろな書式を設定できる
いろいろな書式を設定できる

 GcTimeSpanコントロールの時刻設定は、Valueプロパティを使用します。設定値はTimeSpan型です。現在の入力値を取得する際もValueプロパティを使用します。この場合、リテラル文字を除くTimeSpan型のデータのみを取得できます。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/05/24 12:33 サンプルソース(C#)とサンプルソース(VB)の不具合を修正いたしました。

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(InputMan)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5