Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

カール、「Curl Ver. 7.0」日本語版をリリース
Windows、Linux、Macに対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/05/26 18:30

 株式会社カールは26日、エンタープライズRIAの最新版、「Curl Ver. 7.0」の日本語版をリリースした。今回のバージョンは、従来型のエンタープライズRIAとデスクトップRIAの両方を兼ね備えており、開発効率および生産性の向上に役立つとされる。

 株式会社カールは26日、エンタープライズRIAの最新版、「Curl Ver. 7.0」の日本語版をリリースした。今回のバージョンは、従来型のエンタープライズRIAとデスクトップRIAの両方を兼ね備えており、開発効率および生産性の向上に役立つとされる。

 リッチクライアント言語Curlは、クライアントサイドに特化したエンタープライズ向けWebプログラミング言語で、HTMLのようなテキストフォーマットから高パフォーマンス3Dグラフィックスまで、広範囲にわたる開発記述に対応が可能。さらに、OS、メーカを問わず、あらゆるサーバ製品との連関性を高めることで、データやシステムなどの既存資産を効率的に活用できることが利点だ。

「Curl Ver. 7.0」インターフェース
「Curl Ver. 7.0」インターフェース

 「Curl Ver. 7.0」が提供する主な機能は次のとおり。

  • デスクトップアイコンからのWebアプリケーションの実行
  • クライアントサイドDBとの融合
  • コンパイラ性能の向上によりパフォーマンスが最大で300%向上
  • ユーザビリティに優れたエンタープライズRIAの構築

 その他にも、画面に表示しているグラフィック群をgifやbmpフォーマットに変換したり、EmbeddedBrowserGraphicで表示されたページに対してCurlからJavaScriptの実行も可能になった。詳しくは機能詳細ページを参照とのこと。

 Curl Ver 7.0の日本語版は、Windows、Linux、Mac対応版があり、以下からダウンロードできる。

 
【関連リンク】
カール、エンタープライズRIAのCurl Ver. 7.0日本語版をリリース
カール - V7 特設サイト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5