Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

まつもとゆきひろ氏、「OSC2010 Oita」で基調講演
新年最初のOSCは九州大分にて1月23日開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/12/24 12:41

 来年1月23日に開催される「OSC2010 Oita」で、まつもとゆきひろ氏(Ruby開発者、楽天株式会社フェロー)が「Rubyの誕生からその生い立ち、そしてこれから~たった一人のプロジェクトから、地域振興まで~」と題して基調講演を行う。

 来年1月23日に開催される「OSC2010 Oita」の事前登録がにて開始されている。セミナープログラムも公開されており、まつもとゆきひろ氏(Ruby開発者、楽天株式会社フェロー)が「Rubyの誕生からその生い立ち、そしてこれから~たった一人のプロジェクトから、地域振興まで~」と題して基調講演を行う。

 2010年最初のOSCは、大分県消費生活・男女共同参画プラザ「アイネス」(大分市東春日町)を会場に、最大3トラックの計14セッションが予定されている。地元大分からは「株式会社やまがめ」によるiPhone向アプリ開発の講演や、大分県立鶴崎工業高等学校の佐藤賢治氏が「工業高校におけるOSS活用」と題してOSSを活用した実習教育を紹介する。

 そのほかのセッションではPostgreSQLやOpenStreetMap、NetBSDなどOSCではおなじみのユーザーコミュニティが講演を行うほか、IPAオープンソフトウェアセンターが、クラウドへの取り組みについて講演を行う。終了後には懇親会(有料)も予定されている。

 イベントの詳細およびセミナーの事前登録については、公式サイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
オープンソースカンファレンス2010 Oita

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5