Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Silverlightにも対応したコンポーネントスイート
「ComponentOne Studio 2010J」発売決定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/01/14 09:00

 グレープシティは、.Net Framework用のコンポーネントスイート「ComponentOne Studio Enterprise 2010J」を2月10日より販売開始すると発表した。

 ComponentOne Studioは、同社が提供するWindows系アプリケーション開発を支援するコンポーネント製品群のパッケージセット。グリッドやチャート、帳票、スケジュールやカレンダーなど高機能なUI部品や.Net Frameworkの標準機能では提供されていないコントロールを多数収録している。

 今回発表された2010Jでは既存のWindowsフォーム、ASP.NET、WPFに加え、新たにSilverlight 3対応コンポーネントを追加。Silverlightのグラフィック機能を活かした各種コントロールはもちろん、グリッドなど業務系アプリケーション開発を支援する多数のコントロールを備えている。

 注目すべきは、標準機能では難しい各種機能を実現できる点にある。例えば、通常はバージョン情報を表示するだけの右クリック押下時の動作を、Windowsアプリケーションのような任意のメニュー表示に変更する、マウスによるドラッグ&ドロップやホイール操作に任意の処理を割り当てる、といった機能も容易に実装できるという。加えて、DataSetを利用したデータ連携が可能な「Data」コントロールを備えているため、従来のWindowsアプリケーションからSilverlightへの移行といった案件にも対応可能となっている。

本をめくるように操作できるコンポーネントなどリッチなUIが実現可能
本をめくるように操作できるコンポーネントなどリッチなUIが実現可能
業務系アプリケーションに対応するさまざまなな機能も備える
業務系アプリケーションに対応するさまざまなな機能も備える

 その他にも、ASP.NETのコンポーネントがすべてAjaxをサポートするなど多くの機能強化が行われている。なお、Visual Studio 2010にも正式リリース後に対応する予定となっている。価格は1開発ライセンスあたり199,500円(税込)で、プラットフォームごとの機能限定版も用意される。

 
【関連リンク】
ComponentOne Studio 2010J
Silverlightコンポーネントデモサイト
【関連コーナー】
COMPONENTzine

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5