Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本初の政府・自治体向けカンファレンス
「OSC.Government(仮称)」開催

全国12地域にて、13回の開催を予定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/15 17:55

 オープンソースカンファレンス(OSC)実行委員会は15日、日本初の政府・自治体向けカンファレンス「OSC.Government(仮称)」の開催を発表した。

政府・自治体に向けたオープンソースソフトウェア(OSS)情報の提供および議論の場として、OSC2010 Tokyo/Fall(9月上旬に3日間開催予定)との併催を検討している。

 OSCでは2010年の活動方針として「OSCと政府・自治体」をテーマとし、政府・自治体間でのOSS活用や、オープン標準の促進を図っていくと発表した。背景には、政府・自治体におけるIT予算削減によりOSSが注目されていることや、地域のIT産業育成として地方自治体がOSSを支援するケースなどがある。しかし、米国では2005年からGOSCON(Government Open Source Conference)が開催されている一方で、日本では政府・自治体関係者のOSC参加がそれほど多くなく、潜在的なニーズに対してリーチできていない現状がある。

 OSC.Governmentは、政府・自治体においてシステム調達に携わる担当者や、ソリューションベンダーにおける政府・自治体向け企画の担当者を対象とし、300名の参加者を想定。テーマに即して、ライセンスや調達などテクノロジーだけにこだわらないセッションを数多く企画するとしている。また、参加者・関係者の情報交換の場として「oss-gov」メーリングリストを開設する。

 OSCは、参加無料のOSS総合カンファレンスとして、2004年に東京にて第1回が開催された(500名の参加者)。2009年の四国(高知)での開催により全国全地方で開催され、計400コミュニティが参加し、6410名の来場者を集めた。2010年は新たに神戸(3月13日)を加えた12地域で計13回を予定しており、年2回開催している東京では秋の回を初めて金土日の3日開催とする。また四国地方は4県での回り持ちで、今年は香川での開催となる。

オープンソースカンファレンス実行委員会 宮原徹氏
オープンソースカンファレンス実行委員会の宮原徹氏

 
【関連リンク】
オープンソースカンファレンス開催情報
「オープンソースと政府・自治体」コミュニティメーリングリストへの参加
プレスリリース(PDF)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5