Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米Amazon、クラウドの通知サービス「Amazon SNS」を開始
HTTPや電子メール、Amazon SQSも利用可能

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/04/09 18:45

 米Amazonの子会社でクラウドコンピューティングサービスを提供するAmazon Web Services LLCは7日(現地時間)、非同期メッセージング機能「Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)」を発表した。

 米Amazonの子会社でクラウドコンピューティングサービスを提供するAmazon Web Services LLCは7日(現地時間)、非同期メッセージング機能「Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)」を発表した。

 Amazon SNSは、パブリッシュ/サブスクライブのモデルでメッセージの送受信をサポートし、情報の発信者と受信者あるいはアプリケーション間を非同期で結びつけてメッセージを送りあうアプリケーションを構築できる。HTTPやメールのほか、Amazon SQS(Amazon Simple Queue Service)も利用できる。

 当面はAmazon EC2の利用者が対象で、利用料は最初のリクエスト10万件、HTTP10万件、メール1000件までは無料。その後は、リクエスト10万件当たり6セント、HTTP10万件当たり6セント、メール10万件当たり2ドルが課金されるとのこと。

 
【関連リンク】
Amazon Web Services Blog: Introducing the Amazon Simple Notification Service

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5