CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon Web Services「スタートアップチャレンジ」コンテスト開催

アジア太平洋地域でも初の実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/08/20 11:50

 Amazon Web Services(AWS)は18日、4回目となる「AWSスタートアップチャレンジ」コンテストの実施を発表した。

 ネット通販大手アマゾンの子会社でクラウドサービスを提供するAmazon Web Services(AWS)は18日、4回目となる「AWSスタートアップチャレンジ」コンテストの実施を発表した。世界22か国のスタートアップ企業(株式非公開企業または個人事業主)が、10万ドル相当の優勝賞金を目指してAWSを活用したサービス構築を競う。

 AWSスタートアップチャレンジは、スタートアップ企業に対してAWSのクラウドプラットフォームの導入・整備を支援する目的で開催されており、日本をはじめとするアジア太平洋地域(ほかにオーストラリア、インド、ニュージーランド、シンガポール、韓国)では初めての実施となる。

 コンテストのファーストラウンドでは、アメリカ、アジア太平洋、ヨーロッパの各地域から5社が準決勝進出者として選出され、さらにセカンドラウンドで各地域の代表が決定する。決勝は12月に米カリフォルニア州パロ・アルトで行われ、グランプリ受賞者には現金5万ドルと5万ドル相当のAWSサービスチケット、加えて1年間のプレミアムサポートサービスを贈呈。また、決勝進出者には1万ドル相当、準決勝進出者には2,500ドル相当のAWSサービスチケットが、コンテスト参加者には25ドル相当のAWSサービスチケットがそれぞれ贈られる。

 コンテストの参加登録は、米国太平洋標準時間2010年10月31日の深夜12時に締め切られるが、年間収入と外部資金がそれぞれ1,000万ドル以下であることや、AWSのクラウドサービスを使用していることなどの応募条件がある。コンテストの応募やルール、賞金などに関する詳細は、公式サイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
AWS Start-Up Challenge 2010

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5