Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Curl Development tools for Eclipse Ver. 7.0.1005」提供開始

実行環境の最新版「Curl RTE Ver.7.0.5」も併せて公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/01/26 13:34

 住商情報システムは26日、Curlの開発環境「Curl Development tools for Eclipse Ver. 7.0.1005」(以下、CDE)と実行環境「Curl RTE Ver.7.0.5」の提供を開始した。

現在、公式サイトにてCDEの体験版およびCurl RTEがダウンロードできる。

 CDEは、Eclipseベースで開発されたCurlアプリケーションの統合開発環境。今回のバージョンから、Curlアプレット上でメモリの使用状況をグラフ化できる「メモリ分析ツール」や、CurlソースコードとUMLツールの互換が可能な「UMLエクスポート/インポート」、オープンソースライブラリなどをリポジトリで管理できる「ライブラリリポジトリ」などの新機能が追加された。

 また、equinox/p2へ対応したため、p2インストーラを使用することでインストール/アンインストール/アップデート作業がさらに容易になった。

 各製品の詳細は、公式サイトおよびニュースリリースを参照のこと。

 
【関連リンク】
統合開発環境 CDE
CDE体験版ダウンロード
Curl RTE

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5