Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

jQueryを利用した軽量・高機能なクライアントサイド実装!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/12 14:00

 本記事では、NetAdvantage for jQueryを利用した高機能で軽量なクライアントサイド実装について解説します。データアクセステクノロジから、高機能なグリッドについて紹介します。

目次

はじめに

 Webアプリケーション開発において、クライアントサイド開発はますます重要な位置を占めるようになっています。クライアントサイド開発ではjQueryとそのプラグインが使われることも増えてきました。そのほとんどが簡単に利用できますが、オープンソースプロダクトのため、以下の課題が残り続けます。

  • 動作保証がされない部分がある
  • 公式のドキュメントは(大部分が)英語
  • 基本的ににサポートはない(バグを報告しても、フィックスされるのが次のバージョンアップ時など)

 Infragistics社が提供しているNetAdvantage for jQueryはjQueryとjQuery UIの上で動作する高機能なコンポーネントセットですが、高機能なコンポーネントの提供以外に、プラスアルファとして上記の課題を払拭できます。

  • 動作保証がされている
  • ドキュメントは日本語化されている
  • 責任あるサポート(バグ報告時にフィックスされる事もある)

 この差は有償のコンポーネントだからこそ実現できている部分です。業務アプリケーションでは開発生産性の高さ以外にも、これらサポートを重視する傾向が強いため、NetAdvantage for jQueryは業務アプリケーションのシナリオに置いて確実にニーズがあるコンポーネント群といえます。

Infragistics社のサポートについて

 Infragistics社は、NetAdvantageをサブスクリプション形式でライセンス販売しています。サブスクリプション契約者は購入時から一年以内にリリースされる新バージョンへのアップグレード権と、製品のソースコードのダウンロード権、更には無制限の技術サポートが得られます。

 なお、ヘルプには既知の問題点やパフォーマンス改善のためのTipsが掲載されています。実際に利用する際にはこちらの情報もチェックしておきましょう。

 本稿では特にクライアントサイドで利用できるデータソースigDataSourceと、高機能なグリッドを簡単に実装できるigGridの機能にフォーカスを当てて解説します。

必要な環境

 次の環境が必要です。

  • Visual Studio 2010(Visual Web Developer 2010でもOK)
  • NetAdvantage for jQuery

 Visual Studio 2010(以下、VS 2010)のインストールは、Visual Studio 2010 Beta 2と変わりありませんので、「Visual Studio 2010 Beta 2を使ってみよう」を参考に行ってください。

 NetAdvantage for jQueryはこちらからサンプルダウンロードできます。インストールはウィザードに従って進めるだけです(トライアル版ではminサイズのファイルしかありません)。

NetAdvantage for jQueryの利用方法

 NetAdvantage for jQueryを使用する場合、jQuery、jQuery UIは必須です。そして、NetAdvantage for jQueryではそれぞれ以下のバージョンでの使用を推奨しています。

  • jQuery 1.4.4
  • jQuery UI 1.8.11以上

 以下の場所にスクリプトファイルは格納されています。

  • 64bit OSの場合:C:\Program Files (x86)\Infragistics\NetAdvantage 2011.1\jQuery\js\combined
  • 32bit OSの場合:C:\Program Files\Infragistics\NetAdvantage 2011.1\jQuery\js\combined

 格納されているスクリプトファイルは以下の通りです。

  • ig.ui.editors.min.js
  • ig.ui.grid.min.js
  • ig.ui.min.js
  • ig.ui.upload.min.js
  • ig.ui.videoplayer.min.js

 利用方法は通常のスクリプトファイルと同様です。

NetAdvantage for jQueryの利用例
<script src="scripts/jquery-1.4.4.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="scripts/jquery-ui.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="scripts/ig.ui.min.js" type="text/javascript"></script>

 ファイル名からわかると思いますが、必要に応じて対応するスクリプトファイルを追加することで、各コンポーネントを利用できます。

 CSSファイルは以下の場所に格納されています。

  • 64bit OSの場合:C:\Program Files (x86)\Infragistics\NetAdvantage 2011.1\jQuery\themes
  • 32bit OSの場合:C:\Program Files\Infragistics\NetAdvantage 2011.1\jQuery\themes

 必要に応じてCSSファイルも利用してください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト ナオキ(ナオキ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Infragistics NetAdvantageチュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5