CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PDFアプリ開発コンポーネント「BCL easyPDF SDK 7.0」発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/11/15 11:25

 エクセルソフトは16日、PDFアプリケーション開発コンポーネント「BCL easyPDF SDK 7.0」(開発:米BCL Technologies社)を発売した。アプリケーションにPDF文書の生成、編集機能を簡単に実装できるCOMオブジェクトで、VB、C#、C++、Javaなど、COMをサポートするさまざまな開発言語から利用することができる。

 サーバーアプリケーションとデスクトップアプリケーションのどちらにも使うことができ、画像ファイルとPDFとの相互変換、無制限のマルチスレッド処理もサポート。PostScriptの中間ファイルを生成しない独自のPDF変換エンジンにより、高パフォーマンスも実現している。

 新機能として、PDF出力APIのMicrosoft Office 2007/2010への対応、XLS/XLSX・PUB・VSD・PPT/PPTXファイルをPDF出力する変換オプションの追加、テンポラリファイルを使わずにオンメモリでPDFページを抽出可能な新APIなどが拡充された。

 価格は、開発ライセンスが税込68,250円、デスクトップ向けの配布ライセンスが税込10,290円、社内サーバーでの配布ライセンスが税込340,620円、Webサーバーでの配布ライセンスが税込450,345円から(初年度は別途30%の年間サポート&メンテナンスの同時購入が必須)。

 
【関連リンク】
BCL easyPDF SDK 7.0

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5