Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

テクマトリックス、ソフトウェア構造解析ツール「Understand 3.0」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/09/26 16:55

 テクマトリックスは、米SciToolsが開発したソフトウェア構造解析ツール「Understand 3.0」を、26日に発売した。

 「Understand」は、C/C++、Java、C#などのソースコードを解析して、その構造を瞬時に可視化するソフトウェア構造解析ツール。関数や変数、ファイルといったソフトウェアを構成するさまざまな要素に関する情報を詳細に解析し、開発者がそれらの情報に容易にアクセスできる環境を提供する。

 新バージョンの「Understand 3.0」は、C/C++に新たなパーサーを採用することで、C++テンプレート、オーバーロード関数、COMクラスをより正確に、より厳密に解析可能となった。また、解析設定の簡略化によって、作業を効率的に行える。

Understand 3.0
caption

 ほかにも、新たにObjective-C/C++や、Python、COBOLに対応しており、makeをトレースして必要なファイルやインクルードパス設定、マクロ定義などの情報を収集可能な「Buildspy」ツールを搭載している。解析時に未解決なインクルードファイルを検索して、その場で設定できる「解析補助機能」を備えており、呼び出し関係をディレクトリ階層などを含めて表示する展開/折りたたみ可能な新グラフ「Cluster Graph」を利用できる。

 さらに、ソースコードを変更することなく任意のコメントを記入して保存可能な「アノテーション機能」や、任意のファイル位置やテキスト、グラフなどをグループ化して記憶できる「お気に入り機能」を搭載する。また「undコマンドライン」は、新たにインタラクティブ(対話)モードを採用し、指定可能なオプションを強化している。

 対応OSは、Windows 7(32/64bit)/Vista/XP、Windows Server 2008/2003、Linux x86/x86-64(x64)。分析対象言語は、Ada、Assembly、C/C++、Objective-C/C++、C#、COBOL、FORTRAN、JOVIAL、Java、Pascal、PL/M、Python、VHDL、Web(PHP、HTML、CSS、JavaScript)。なお、C/C++、Objective-C/C++、C#、COBOL、Java、Python、Web以外はテクニカルサポートの対象外となる。

 ラインアップは、「Understand 3.0ノードロックライセンス」と、「Understand 3.0フローティングライセンス」の2種類を用意する。


【関連リンク】
テクマトリックス
SciTools
「Understand」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5