CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Worklightを使用する:
第1回 初めてのWorklightアプリケーションに着手する

iOSおよびAndroid対応のアプリケーションをセットアップする

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/10/22 14:00

目次

環境のセットアップ

 連載で最終的に作成するサンプル・アプリケーションは、極めて単純な「ToDo」アプリケーションです。このアプリケーションでは、ユーザーが単純なタスクのリストを作成すると、そのリストが表として表示され、ユーザーは各タスクの日付を確認したり、タスクを削除したり、キーワードを基準にタスクをフィルタリングしたりすることができます。アプリケーションのフロントエンド(jQuery Mobileで作成)についての説明や、アプリケーションの作成に関する詳細な説明は第2回で行います。

 最終的な目標は「ToDo」アプリケーション(囲み記事を参照)を作成することですが、この記事の当面の目標は、モバイル・アプリケーションのビルド、デプロイ、そしてデバイス・シミュレーターでのテストを行うまでの基本的な開発ワークフローを確立することです。この目標を達成するために、まずは数少ない簡単なステップでWorklight開発環境をセットアップするところから始めます。

1. Eclipse Java開発用エディションの最新バージョンをダウンロードして、
インストールします。

 Eclipseをダウンロードする必要がある場合は、Eclipseダウンロード・サイトからダウンロードすることができます。この記事では、Eclipseがインストール済みであることを前提とします。詳細については、Worklightの「Getting Started」ページの資料を参照してください。

2. Worklight Eclipseプラグインをインストールします。

 Eclipseへのプラグインのインストールに慣れている読者であれば、この作業には何の問題もないはずです。Eclipseから「Help(ヘルプ)」 > 「Install New Software(新規ソフトウェアのインストール)」の順にナビゲートして、右上のほうにある「Add(追加)」ボタンをクリックします(図3を参照)。「Add Repository(リポジトリーの追加)」ダイアログが表示されたら、以下の情報を入力します。

  1. Name(名前): Worklight Studio
  2. Location(ロケーション): http://public.dhe.ibm.com/ibmdl/export/pub/software/mobile-solutions/worklight/wdeupdate/
図3 Eclipseプラグインのインストール
図3 Eclipseプラグインのインストール

 ウィザードに順に表示されるステップに従って、必要な環境をダウンロードしてインストールします。

3. 機器に固有のSDKをインストールします。

 この連載で紹介するのは、Android機器とiOS機器の両方で機能するWorklightアプリケーションです。

  • a. Android SDKをインストールします(オプション)。

    Android開発者向けサイトで説明している手順に従って、Worklight Studioと同じEclipseのシェルでAndroid SDKおよびシミュレーターをインストールします。

  • b. iOS SDKをインストールします(オプション)。

    Apple開発者向けサイトで説明している手順に従って、Mac OSマシンにXcodeをインストールします。Macを持っていない場合、開発したWorklightアプリケーションのiOS機器上での動作をシミュレートすることはできません。その代わりとなる方法については、以降の記事でWorklight Buildオプションを使用して説明します。今回のところは、Macをお持ちでない場合には、iOSに固有の手順を無視してください。

4. 新規Worklightプロジェクトを開始します。

 Eclipseに新しいWorklightプロジェクトを作成できる状態になったので、「File(ファイル)」 > 「New(新規)」 > 「Worklight Project(Worklight プロジェクト)」(図4を参照)の順にナビゲートします(「Worklight Project(Worklight プロジェクト)」が表示されない場合は、「File(ファイル)」 > 「New(新規)」 > 「Other(その他)」 > 「Worklight Project(Worklightプロジェクト)」の順にナビゲートしてみてください)。プロジェクト・フォルダーの名前には、「Todo Project」と入力します。

図4 新規Worklightプロジェクトの作成
図4 新規Worklightプロジェクトの作成
5. プロジェクトに新規アプリケーションを追加します。

 最後に、この新規に作成したプロジェクトの「apps」フォルダーに新しいWorklightアプリケーションを追加する必要があります。それには、「Todo Project」フォルダーの下にある「apps」フォルダーを右クリックして、「New(新規)」 > 「Worklight Application(Worklightアプリケーション)」(図5を参照)の順に選択します(このメニュー項目が表示されない場合は、「New(新規)」 > 「Other(その他)」 > 「Worklight Application(Worklightアプリケーション)」を選択してみてください)。このアプリケーションには「Todo」という名前を付けます。

図5 プロジェクトへのアプリケーションの追加
図5 プロジェクトへのアプリケーションの追加

 Worklightによって、Worklightアプリケーションの開発に必要となるファイル構造が自動的に生成されます。HTML、JavaScript、CSSファイルなど、アプリケーションを作成するために必要なファイルはすべて、「common」フォルダーに格納します。アプリケーションに「Todo」という名前を付けた時点で、アプリケーションの作成作業のこのパートは完了です。

図6 「apps」フォルダーの構造
図6 「apps」フォルダーの構造

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:モバイル・エンタープライズ・アプリケーションの統合プラットフォーム「IBM Worklight」

著者プロフィール

  • Jeremy Nortey(Jeremy Nortey)

    Jeremy Nortey は、Software Group に所属する IBM Mobile Foundation のソフトウェア開発者として、モバイル・ソリューションのソフトウェアおよび品質保証を開発しています。iOS を専門としており、余暇は iPhone のネイティブ・アプリケーションの作成...

  • Carlos Andreu(Carlos Andreu)

    Carlos Andreu は、IBM Software Group のソフトウェア開発者で、現在はハイブリッド・アプリケーション、Android アプリケーション、iOS アプリケーションを構築するためのフレームワークの作成に取り組んでいます。彼は、最新のトレンドと技術関連のブログを追ったり、読書...

  • Raj Balasubramanian(Raj Balasubramanian)

    Raj Balasubramanian は、IBM Mobile Foundation に取り組んでいる IBM Software Group の製品アーキテクトです。彼は、IBM Worklight と IBM Mobile Foundation でのクライアントとサービスの対話を指揮しています。...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5