CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows 8風の操作パネルを持った.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/29 14:00
目次

テンプレートについて

 タイルとテンプレートは、C1TileControlコントロールの最も重要な構成要素で、タイルはデータを提供し、テンプレートは視覚化パターンを提供します。

 同じタイルで複数のテンプレートを切り替えることが可能です。例えば、1番目のテンプレートはタイル画像を表示し、2番目は詳細なタイルテキストを表示できます。また、同じテンプレートを複数のタイルに適用することも可能です。

 設計時にテンプレートを追加するには、C1TileControl.Templatesコレクションエディタを使用します。作成したテンプレートは、それぞれ適用したいタイルに設定します。

C1TileControl.Templatesコレクションエディタ(ヘルプより抜粋)
C1TileControl.Templatesコレクションエディタ(ヘルプより抜粋)

 テンプレートとタイルの関係は密接に関連しており、テキストや画像要素のデザインはテンプレートで行い、実際のデータはタイルのプロパティで行います。こうすると、1つのデザインを複数のタイルで共有できます。統一したデザインで多くのタイルを持たせる場合は、個々のタイルを設定していくよりも、効率的にデザイン作業を行うことができます。

2つのコレクションエディタで各要素のデザインを作成する
2つのコレクションエディタで各要素のデザインを作成する

GUIの作成

 では、さっそくアプリケーションを作成していきましょう。

 使用するコントロールはC1TileControlコントロールだけです。このコントロールに、1つのグループで5つのタイルを組み込み、タイル一つ一つにテキスト要素2つとイメージ要素1つを組み込みます。

 タイルはすべて同じデザインとし、背景色だけを変えます。

 作業は、C1TileControlコントロールの設定だけで、以下の手順で行います。

  1. テンプレートを作成し、テキスト要素とイメージ要素のデザインを設定する
  2. グループにタイルを追加し、各タイルのテキスト・イメージデータとテンプレートの設定を行う
  3. タイトルを設定する
フォームのレイアウト
フォームのレイアウト

 では、順番に設定していきましょう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5