CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows 8風の操作パネルを持った.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/29 14:00
目次

テンプレートの作成

 まずはじめにテンプレートを作成します。

 タイルのデザインとしては、デフォルトよりも縦長にして横並びにし、1つのタイルの中に上下にテキストを、真ん中にイメージを配置します。このデザインは5つのタイルすべて同じにしますので、テンプレートを1つ作成し各タイルに連結します。

 ① フォームにC1TileControlコントロールを配置し、Dockプロパティを「Fill」にします。

 ② C1TileControlコントロールのコンテキストメニューを表示し、「テンプレートの編集」をクリックします。

コンテキストメニューの「テンプレートの編集」をクリック
コンテキストメニューの「テンプレートの編集」をクリック

 ③ C1TileControl.Templatesコレクションエディタが表示されますので、「追加」ボタンをクリックします。

 次に、右のペインにあるプロパティリストの「Elements」の「...」ボタンをクリックします。Template.Elementsコレクションエディタが表示されます。このTemplate.Elementsコレクションエディタで、デザイン対象であるテキスト・イメージ要素のデザインを行います。

C1TileControl.TemplatesコレクションエディタとTemplate.Elementsコレクションエディタを表示させる
C1TileControl.TemplatesコレクションエディタとTemplate.Elementsコレクションエディタを表示させる

 ④ Template.Elementsコレクションエディタの「追加」ボタンの横の「▼」ボタンをクリックし、「TextElement」を2つと「ImageElement」を1つ追加します。

「追加」ボタンの横の「▼」ボタンをクリックし、「TextElement」を2つと「ImageElement」を1つ追加する
「追加」ボタンの横の「▼」ボタンをクリックし、「TextElement」を2つと「ImageElement」を1つ追加する

 ⑤ 最初の「TextElement」をクリックし、右ペインのプロパティリストで次のプロパティを設定します。「TextSelector」は、デザインを設定するタイルのテキスト要素です。ここでは、最初のテキスト「Text1」をデザイン設定の対象とします。

最初の「TextElement」のプロパティ設定
プロパティ 設定値
Font MS明朝,12pt
Alignment TopCenter
TextSelector Text1
最初の「TextElement」のプロパティを設定
最初の「TextElement」のプロパティを設定

 ⑥ 同様に、2番目の「TextElement」と「ImageElement」のプロパティを次のように設定します。

 「ImageElement」の「FixedHeight」「FixedWidth」は表示サイズを、「ImageLayout」はイメージの表示方法を設定します。ここでは、200x200のサイズに収まるように画像を縮小して表示するようにしました。

2番目の「TextElement」のプロパティ設定
プロパティ 設定値
Font MS明朝,12pt
Alignment BottomCenter
TextSelector Text2
「ImageElement」のプロパティ設定
プロパティ 設定値
FixedHeight 200
FixedWidth 200
ImageLayout Strech
ImageSelector Image1

 ⑦ プロパティを設定したらOKボタンをクリックし、Template.Elementsコレクションエディタを閉じます。C1TileControl.Templatesコレクションエディタに戻るので、「Padding」プロパティを「5,10,5,10」に設定します。

 「Padding」プロパティは、タイル内の各要素の上下左右の余白を設定するプロパティです。

 設定が終わったらOKボタンをクリックし、C1TileControl.Templatesコレクションエディタを閉じます。

 これで、テンプレートが出来上がりました。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5