CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows 8風の操作パネルを持った.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/07/29 14:00
目次

タイルと要素について

 Tileクラスは、画像(ImageElement)、テキスト(TextElement)、およびパネル(PanelElement)などの複数の種類の要素を保持できる1つのタイルを表します。

 タイルはTileControlコントロールの最も重要な構成要素の一つで、画像、テキスト、およびパネルをタイルの各プロパティから簡単に書式設定できます。

 設計時にGroup.Tilesコレクションエディタを使用して、タイルをC1TileControlに追加できます。タイルをデザイナに追加すると、指定したグループに追加されます。デフォルトでは1つのグループが表示されるため、グループへのタイルの追加を簡単に開始できます。

 タイルは、次のプロパティを使用して外観の効果を設定できます。

プロパティ 説明
BackColor タイルの背景色を取得または設定します。
BackColor1 タイルの第1追加背景色を取得または設定します。
BackColor2 タイルの第2追加背景色を取得または設定します。
BackColor3 タイルの第3追加背景色を取得または設定します。
BackColor4 タイルの第4追加背景色を取得または設定します。
BackColor5 タイルの第5追加背景色を取得または設定します。
Checked タイルがONかどうかを取得または設定します。
ForeColor タイルの前景色を取得または設定します。
ForeColor1 タイルの第1追加前景色を取得または設定します。
ForeColor2 タイルの第2追加前景色を取得または設定します。
ForeColor3 タイルの第3追加前景色を取得または設定します。
ForeColor4 タイルの第4追加前景色を取得または設定します。
ForeColor5 タイルの第5追加前景色を取得または設定します。
Height タイルの高さをピクセル単位で取得または設定します。
HorizontalSize タイルの幅をピクセル単位で取得または設定します。
Image タイルに表示される画像を取得または設定します。
Image1 タイルに表示される第1追加画像を取得または設定します。
Image2 タイルに表示される第2追加画像を取得または設定します。
Image3 タイルに表示される第3追加画像を取得または設定します。
Image4 タイルに表示される第4追加画像を取得または設定します。
Image5 タイルに表示される第5追加画像を取得または設定します。
Symbol タイルに関連付けられたシンボルを取得または設定します。
Template タイルテンプレートを取得または設定します。
Text タイル上のテキストを取得または設定します。
Text1 タイルの第1追加テキスト文字列を取得または設定します。
Text2 タイルの第2追加テキスト文字列を取得または設定します。
Text3 タイルの第3追加テキスト文字列を取得または設定します。
Text4 タイルの第4追加テキスト文字列を取得または設定します。
Text5 タイルの第5追加テキスト文字列を取得または設定します。
Text6 タイルの第6追加テキスト文字列を取得または設定します。
Text7 タイルの第7追加テキスト文字列を取得または設定します。
Text8 タイルの第8追加テキスト文字列を取得または設定します。
Text9 タイルの第9追加テキスト文字列を取得または設定します。
ToolTipText タイルのツールチップテキストを取得または設定します。
VerticalSize タイルの高さをピクセル単位で取得または設定します。
Width タイルの幅をピクセル単位で取得します。
タイルのプロパティ設定例
タイルのプロパティ設定例

 タイルには、以下の要素を組み込むことができます。

画像(ImageElementクラス)

 タイルは1つまたは複数の画像を表示できます。Image、ImageKey、またはSymbolプロパティを使用しタイルの画像を指定できます。また、画像はテンプレートのImageElementの一部として指定するか、C1TileControlクラスに属するCommonImageオブジェクトの一つに格納できます。

 1つの要素内に、行列状に複数の画像を設定することができます。例えば幅がN個で高さがM個の画像で構成される1つの大きい画像を作成する場合、ImageColumnsプロパティをNに設定し、ImageRowsプロパティをMに設定します。また、ColumnIndexとRowIndexプロパティを使用し、行列配置の画像の中から指定して画像を選択することも可能です。

パネル(PanelElement)

 タイルは1つまたは複数のパネルを表示できます。パネルはネストしたパネルを含むことが可能です。PanelElementクラス型のパネル要素は、ネストしたパネルを含む子要素(画像、イメージ、パネル要素)を格納できます。子要素は、設計時にPanelElement.Childrenコレクションエディタを使用するか、プログラムでChildrenプロパティから追加できます。

 また、パネルを使うことで、より複雑なレイアウトを作成することも可能です。

パネル要素の設定例(ヘルプより抜粋)
パネル要素の設定例(ヘルプより抜粋)
テキスト(TextElement)

 タイルは1つ以上のテキスト要素を表示できます。テキスト要素はTextElementクラスで表され、子要素は設計時にデザイナを使用するか、プログラムでText、Text1~Text9プロパティから追加できます。

 これらの要素の追加・設定はテンプレートで行います。

テキスト要素の設定例(ヘルプより抜粋)
テキスト要素の設定例(ヘルプより抜粋)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5