Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-グループ化、集計処理、レイアウト

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票(3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では帳票作成コンポーネント「ActiveReports for .NET 7.0J」を使って帳票アプリケーションを作成していきます。今回は、グループ化、集計処理、レイアウトに関する設定を解説します。

目次
備考

 本稿は、連載『5分でわかるActiveReports帳票(2007年度版)』(渡辺俊史・宮本奈紗 著)の増補改訂版です。

対象読者

  • Visual Basic.NETまたはVisual C#を使ってプログラムを作ったことのある方
  • 帳票作成ツールに興味のある方

必要な環境

  • Visual Studio 2008 SP1/2010/2012のいずれかでプログラムが作れる環境
    (Express EditionではActiveReportsをインストールできません)

 本記事のサンプルコードは、C#/Visual Basic 2012で記述しています。

グループ化・集計

 ActiveReportsが提供する集計機能を利用すると、データソースやSQLの構造を複雑にすることなくデータの総合計やグループごとの小計、ページ数といった集計データを簡単に表示させることができます。ここでは、そうしたデータを集計して表示する帳票を作成します。

グループ化したレポート

 今回作成する帳票は、お店の注文伝票を注文日付・注文番号ごとに、一覧化・集計した「注文表」です。

注文表のデザイン画面
注文表のデザイン画面

 データベースは前回と同じく、ActiveReports 7.0J付属のNwind.mdbを使用し、注文伝票(Orders)、注文伝票明細(Order Details)、商品(Products)の3テーブルにアクセスします。

帳票に出力する注文データを取り出すSQL
SELECT  Orders.OrderDate,
        Orders.OrderID,
        Products.ProductID,
        Products.ProductName,
        Round([Order Details].UnitPrice, 0) As UnitPrice, 
        [Order Details].Quantity,
        [Order Details].Discount,
        Round(Round([Order Details].UnitPrice,0)
                    * [Quantity] * (1 - [Discount]), 0) AS Price
  FROM  Orders
        INNER JOIN (Products INNER JOIN [Order Details] 
                    ON Products.ProductID = [Order Details].ProductID) 
        ON Orders.OrderID = [Order Details].OrderID
 ORDER BY Orders.OrderDate, Orders.OrderID,Products.ProductID ;

グループ

 帳票では、同じデータが続く行のまとまりを「グループ」として扱います。グループの中にさらにグループを入れ子にすることもできます。

 データテーブルに「フィールド1」と「フィールド2」が定義されているとします。外側のグループが「フィールド1」をもとにグループ化されるように設定した場合、下図「データのグループ化」のデータソース図の左側の赤字のようにグループ分けがされます。一方、内側のグループが「フィールド2」をもとにグループ化されるように設定した場合、データソース図の右側の青じのようにグループ分けがされます。「フィールド2」の20や30のように同じ値が並んでいても、外側のグループが別のグループになれば内側のグループも別のグループになることに注意してください。

データのグループ化
データのグループ化

 セクションレポートでは、デザイナ画面上で「グループヘッダ/フッタ」のセクションを追加することによってグループを配置します。グループヘッダセクションはグループの最初に表示され、グループフッタセクションはグループの最後に表示されることになります(表示させないことも可能です)。

 グループヘッダセクションのDataFieldプロパティにフィールド名を設定することで、グループ化の基準となるフィールドを指定します。

グループヘッダ/フッタの追加
グループヘッダ/フッタの追加

 なお、グループ化が正しく働くためには、出力するデータをあらかじめグループ化したい順番に整列させておく必要があります。上記のSQL文では、ORDER BY句でデータを整列させています。

 今回は、「注文日付」「注文番号」ごとにグループ化を行うので、グループヘッダ/フッタを2重に追加し、外側のグループヘッダのDataFieldプロパティに「OrderDate(注文日付)」、内側のグループヘッダのDataFieldプロパティに「OrderID(注文番号)」を設定します。また、内側のグループヘッダのUnderlayNextプロパティをTrueに設定します。

コントロールの追加

 次に、ツールボックスからコントロールをドロップして、帳票レイアウトに貼り付けていきます。帳票タイトルなどの固定値表示や集計のないデータ項目表示はLabelコントロールとTextBoxコントロールのどちらを使用しても構いませんが、Labelコントロールは集計設定のためのSummaryプロパティを持たないため、集計値の表示欄にはTextBoxコントロールを使う必要があります。

 今回集計値を表示するのは、以下4か所です。

  1. PageHeader1右上のページ番号と総ページ数
  2. その下の価格総計表示
  3. GroupFooter2の「注文小計」
  4. GroupFooter1の「当日小計」
集計を表示する位置
集計を表示する位置

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5