Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-グループ化、集計処理、レイアウト

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票(3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

カラム出力

 最後にカラム形式のレポートについて紹介します。ColumnCount、ColumnDirection、ColumnLayout、NewColumnプロパティなどを使用することで、カラム形式(多段組)のレポートを作成できます。

カラム形式のレポートのデザイン画面
カラム形式のレポートのデザイン画面

 このレポートを作成するために使用しているプロパティは、以下のとおりです。なお、実際の設定内容については、公開しているサンプルに含まれている「ColumnReport.vb(cs)」をご覧ください。

(1)ColumnCountプロパティ

 Detailセクションにあるプロパティであり、この値を1より大きくすることで、段組を使用したレイアウトが可能です。

 ColumnCountの数だけ、Detailセクションが横に並んで表示されます。デザイン画面では、Detailセクションの編集可能領域が、横幅の(1/ColumnCount)倍です。

(2)ColumnDirectionプロパティ

 データの展開方向を決めます。ColumnDirectionプロパティには、以下のいずれかの値を設定できます。

  • AcrossDown(まず横方向へ出力し、その後次の行へ改行する)
  • DownAcross(まず縦方向に出力し、その後隣の列へ折り返す)
データ出力方向の違い
データ出力方向の違い

 この機能を使ってカードやタックシールなどの印刷を行うことができます。上記の「カラム形式のレポートのデザイン画面」のレイアウトは、地域別にグループヘッダを表示して、会社名や氏名といった情報をタックシール状に並べて印刷しています。

(3)ColumnLayoutプロパティ

 グループヘッダにあるプロパティで、これはグループヘッダも詳細セクションと同じ幅にするか、それともレポートの横幅のままにするかを設定します。

 Falseに設定すると、詳細セクションのカラム数にかかわらず、グループヘッダの横幅はレポートの横幅のままです。デフォルトはTrueで、詳細セクションと同じ幅になります。

(4)NewColumnプロパティ

 グループヘッダ/フッタやDetailセクションにあるプロパティです。改ページで使用したNewPageプロパティと基本的に同様の機能であり、改カラムを行うかどうかを指定します。

カラム形式のレポート
カラム形式のレポート

まとめ

 今回はグループ化、集計処理、レイアウトに関する設定を紹介しました。ActiveReportsのセクションレポートは、コントロールやセクションのプロパティを設定するだけでも、さまざまなレイアウトを実現できます。

 次回は、ページレポートでのグループ化と式の使用方法を紹介します。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5