Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual Studio 2013のリリースとASP.NETおよびEntity Frameworkの機能改善についてのお知らせ

連載:ScottGu's Blog翻訳

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/28 14:00

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。

目次

 原典:Announcing the Release of Visual Studio 2013 and Great Improvements to ASP.NET and Entity Framework

Visual Studio 2013のリリースとASP.NETおよびEntity Frameworkの機能改善についてのお知らせ

 VS 2013と.NET 4.5.1をリリースしました。これらのリリースには素晴らしい改善が数多く含まれており、またASP.NETおよびEntity Frameworkに対する機能強化もいくつか含まれています。これらは、すぐにダウンロードしてお使いいただけます。

 以下は、ASP.NET、Web開発、Entity Frameworkの今回のリリースで利用可能な素晴らしい改善の詳細になります。

 追加のリリースノート、ドキュメント、チュートリアルについては、http://www.asp.net/vnextでご確認ください。

One ASP.NET

 Visual Studio 2013のリリースで、異なるASP.NETサブフレームワーク(Webフォーム、MVC、Web API、SignalRなど)の使用感を統一させていく方向へ一歩踏み出し、1つのアプリケーションで異なるASP.NET技術を簡単に好きに組み合わせて使用できるようになりました。

 VS 2013で[ファイル]-[新規プロジェクト]を行うと、1つのASP.NETプロジェクトオプションが表示されます。

 このプロジェクトを選択するとダイアログが表示され、ベースのプロジェクトテンプレートが起動し、必要に応じて使用する技術の追加/削除が行えます。

 例えば、Webフォームテンプレートから開始し、Web APIやWebフォームを追加したり、MVCプロジェクトを作成し、その中でWebフォームページも使用できるようにすることができます。

 これにより、アプリに必要なASP.NET技術はどれでも簡単に使用でき、全体のASP.NET技術からの機能はどれでも簡単に活用できるようになります。

よりリッチな認証サポート

 新しい"One ASP.NET"プロジェクトダイアログにも、新しいChange Authenticationボタンが含まれており、それを押すと、アプリケーションで使用されている認証方法を簡単に変更することができ、さまざまなIDプロバイダからのSSOを有効にしたセキュアなアプリケーションをより簡単に構築できます。

 例えば、ASP.NET WebフォームまたはMVCテンプレートから開始した場合、アプリケーションに以下の認証オプションを簡単に追加することができます。

  • 認証なし
  • 個々のユーザアカウント(Facebook、Twitter、Google、Microsoft IDのシングルサインオンのサポート、またはASP.NETメンバーシップでのフォーム認証)
  • 組織アカウント(Windows Azure Active Directoryでシングルサインオンのサポート)
  • Windows認証(イントラネットアプリケーションのActive Directory)

 Windows AzureのActive Directoryサポートは特に素晴らしいです。先月、Windows Azure Active Directoryを更新しており、開発者は、それを使用してディレクトリを必要な数だけ作成することができます(無償で、数秒で展開)。これらのWindows Azure Active Directoryに対して、ASP.NETアプリケーションでシングルサインオンのサポートを有効にするのにほとんど時間がかからなくなりました。これを行うには、Change Authenticationダイアログ内で"Organizational Accounts"ラジオボタンを選択し、Windows Azure Active Directoryの名前を入力するだけです。

 これにより、自動的に、Windows Azure Active Directoryを使用するようにASP.NETアプリケーションが構成され、それとともにアプリケーションが登録されます。これで、アプリが実行されると、そのアプリがインターネット上のどこでホストされているかに関わらず、ユーザはActive Directoryの資格情報を使用して簡単かつ安全にサインインすることができます。

 Webプロジェクトを作成する新しいプロセスの詳細については、Visual Studio 2013でASP.NET Webプロジェクトを作成をご確認ください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト Chica(チカ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Scott Guthrie氏 Blog翻訳

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5