Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本HP、負荷テスト・性能検証ソリューション「HP LoadRunner」「Performance Center」の価格体系を変更

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/29 13:35

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、負荷テスト・性能検証ソリューションである「HP LoadRunner」と「Performance Center」の価格体系を29日に変更した。

 新しい価格体系では、これまで負荷テスト実施時に必要だった「Controllerライセンス」を廃止し、利用する仮想ユーザー(VU)数に応じた価格体系を導入するとともに、VUあたりの単価を値下げしている。

 このほか、新たに「Foundation Entitlementライセンス」(たとえば、「HP LoadRunner」用ライセンスなら1600円)を新設した。

 「Virtual Userライセンス」の新しい単価は、「HP LoadRunner」の場合は、「レギュラープロトコル」が7700円~、「Oracle/SAPプロトコル」が16000円~、「ディベロッパープロトコル」が4000円~。「Performance Center」の場合は、「レギュラープロトコル」が11000円~、「Oracle/SAPプロトコル」が22000円~、「ディベロッパープロトコル」が5400円~。

 今回の価格体系の変更によって、負荷テストの実施に必要な初期コスト、および総額の大幅な削減が可能となる。なお、既存ユーザーのライセンス追加購入については、従来の型番でのオーダーとなるため、新価格体系の影響は受けない。


【関連リンク】
日本ヒューレット・パッカード
「HP LoadRunner/Performance Center」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5