Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

折りたたみ機能付きのツールバーを持った.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/17 14:00

 「ComponentOne Studio」に含まれるC1OutBarコンポーネントを使って、リッチテキストボックスの機能を操作できる折りたたみ式ツールバーを持ったアプリケーションを作成してみます。

目次

はじめに

 前回に引き続き、ComponentOne Studioに同梱されているユーザーの操作を補助するコンポーネントを紹介します。

 今回紹介するのは、ツールバーのようにコマンドボタンのような機能を持っていながら、メニューのようにコマンドボタンをカテゴリわけし、しかもそのカテゴリを展開・縮小表示できるC1OutBarコントロールです。

 C1OutBarコントロールは、Outlookスタイルのコンテナ/タブコントロールで、C1OutPageタイプのページを複数持つことができます。

 各ページには、タイトルバーと空のページまたはツールバーボタンのようなコマンドのあるページがあり、ページタイトルまたはタイトルバーをクリックすると、そのページが表示され、残りのページが非表示になる、展開・縮小表示機能を持っています。

 このコントロールを使うことで、ツールバーのようにボタンをずらっと並べて表示するのではなく、コマンドをカテゴリごとに整理し使いたいカテゴリだけ表示でき、ユーザーの操作性の向上を図ることができます。

 そこで今回は、このC1OutBarコントロールを使いリッチテキストボックスの機能を操作できる折りたたみ式ツールバーを持ったアプリケーションを作成してみました。

フォームの左側に操作系統を複数のページに分けたツールバーを配置
フォームの左側に操作系統を複数のページに分けたツールバーを配置
ページを1つ開くと他のページが閉じる
ページを1つ開くと他のページが閉じる

対象読者

 Visual Basic 2010/2012/2013、またはVisual C# 2010/2012/2013を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2010/2012/2013、Visual C# 2010/2012/2013、Visual Studio 2010/2012/2013でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

  • OS:Windows 7
  • 開発Tool:Visual Studio 2010、.NET Framework 4

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります(.NET Framework 4でのみご使用いただけます)。

ファイル名 説明
C1.Win.C1Command.4.dll 本体アセンブリ

 このファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5